RKB毎日放送

番組表

櫻井 浩二のコラム

アナ★ザ★ワールド > 櫻井 浩二 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

櫻井 浩二

誕生日

7月19日 かに座

出身地

静岡県浜松市

血液型

O型

自己分析グラフ

担当番組

テレビ:
今日感テレビ
・スポーツ中継
ラジオ:
ニュース新発見 インサイト
・エキサイトホークス

趣味・特技

ゴルフ、釣り

好きな○○

アーティスト:
槇原敬之
私が聴く音楽はこれだけといっても過言ではありません。
季節・時間・天気、その日の気分によって聴きたい曲は変わりますが「LOVE LETTER」と 「ANSWER」はおススメですよ。

ちょっと一言

月~木は朝4時起きで『ニュース新発見 インサイト』、週末はスポーツ実況。
ジャンルは違えど、目指すは「思わず身を乗り出してしまう面白い放送」です。
二天一流のマイクは、どこかでつながっている?!

バックナンバー

[+] 2017年11月
[+] 2017年10月
[+] 2017年09月
[+] 2017年06月
[+] 2017年01月
[+] 2016年08月
[+] 2016年06月
[+] 2016年03月
[+] 2016年02月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年10月
[+] 2015年08月
[+] 2015年06月
[+] 2015年04月
[+] 2015年02月
[+] 2015年01月
[+] 2014年11月
[+] 2014年08月
[+] 2014年05月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年01月
[+] 2013年10月
[+] 2013年06月
[+] 2013年05月
[+] 2013年03月
[+] 2013年01月
[+] 2012年12月
[+] 2012年11月
[+] 2012年09月
[+] 2012年08月
[+] 2012年06月
[+] 2012年02月
[+] 2012年01月
[+] 2011年10月
[+] 2011年07月
[+] 2011年05月
[+] 2011年04月
[+] 2011年03月

今シーズン初勝利が日本一!(2017/11/10)


11月4日、ホークスが日本一に王手をかけていた日本シリーズ第6戦、

私は不安感を抱きながらヤフオクドームに向かいました。

 

ホークスが3連勝の後、連敗していたからではありません。

 

私が今年実況を担当した試合は6戦6敗だったからです。

 

シーズン94勝を挙げ、勝率は6割5分7厘だったチームの黒星を

6回連続で引き続けるのは、ある意味奇跡的とも言えますが、

シリーズの流れがベイスターズに傾きかけている中、

「私は今回も勝てませんでした」などと冗談でも言えなくなってしまいます。

 

ラジオの「櫻井浩二 インサイト」でも

「今度こそは勝って、日本一の実況をします!」と宣言した以上、

負けゲームを実況するわけにはいかないのです。

 

 

 

そんな中、試合の前日、吉兆とも言える現象が起こりました。V

 

ヤフオクドームに取材に行った帰り、

会社まで歩いて帰る途中、

空を見上げたら

ひつじ雲が

『V』字を描いているではありませんか!!!

 

「明日、決まるだろ・・・」

 

あらゆることにすがりたい、

そんな心境だったんです。

 

 

 

 

 

試合はホークスが2回に松田選手のホームランで先制するも、

その後、相手先発の今永投手を全く打てません。

 

案の定ベイスターズに逆転を許し1-3で終盤へ

 

8回裏に相手のミスも絡んで1点を返しますが、

2-3のまま9回裏に突入します。

 

マウンドにはベイスターズの守護神 山崎康晃投手が上がりました。

 

ドームは敗色濃厚のムードに包まれます。

 

「やはり勝てないのか・・・」

 

そんな不安が頭をよぎった直後、

4番内川選手が日本シリーズ史上に残る、劇的な同点ソロホームラン。

 

この一振りで、雰囲気は一気に変わりました。

 

「日本一は間違いなく今日決まる」

とホークスファンなら誰もが信じて疑わない中、

延長11回、川島選手のサヨナラタイムリーで

2年ぶり8度目の日本一が決まりました。

 

実況の神様は、最後の最後で、私に微笑んでくれましたよ。

 

17・11・04 放送席

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説の秋山幸二さん、多村仁志さんが、

放送が終わった後、手を差し出して

「おめでとう!」と握手をしてくれました。

 

私が戦ったわけでもないのに・・・

 

 

 

翌週月曜日の「櫻井浩二 インサイト」の放送中も、

番組あてのメールに、

あたかも私が日本一になったかのようなメッセージがたくさん届きました。

 

皆さんの気遣いが本当に嬉しかったです。

 

 

 

ホークスの実況をして20年、

日本一の実況はダイエー時代を含めて3回目になりますが、

そんな中でも印象深いシーズンとなりました。

 

今年もRKBエキサイトホークスをお聴きいただいて、

ありがとうございました。