RKB毎日放送

番組表

茅野 正昌のコラム

アナ★ザ★ワールド > 茅野 正昌 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

茅野 正昌

誕生日

4月17日 おひつじ座

出身地

福岡県福岡市

血液型

A型

自己分析グラフ

担当番組

テレビ:
・スポーツ中継
ラジオ:
・エキサイトホークス
・旅ラジ 出発進行!

趣味・特技

趣味:
ステレオいじり、とんこつラーメン屋さん巡り、鉄道旅行(ノリ鉄)
特技:
レタリング、似てない物真似、ゲームセンターのUFOキャッチャー(特に箱モノ)

好きな○○

好きな車:
昭和40年代~50年代の車、特にハコスカとケンメリ
好きな列車:
国鉄~JR、583系電車

ちょっと一言

野球小僧の茅野です。
子供の頃は、父にラーメン小僧とも言われていました。
そしてノリ鉄です。子供のころは撮り鉄でもありました。

バックナンバー

[+] 2017年08月
[+] 2017年06月
[+] 2017年05月
[+] 2017年04月
[+] 2017年02月
[+] 2017年01月
[+] 2016年11月
[+] 2016年09月
[+] 2016年06月
[+] 2016年03月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年11月
[+] 2015年09月
[+] 2015年08月
[+] 2015年07月
[+] 2015年05月
[+] 2015年04月
[+] 2015年03月
[+] 2015年01月
[+] 2014年10月
[+] 2014年09月
[+] 2014年07月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年02月
[+] 2014年01月
[+] 2013年10月
[+] 2013年07月
[+] 2013年05月
[+] 2013年04月
[+] 2013年01月
[+] 2012年12月
[+] 2012年09月
[+] 2012年07月
[+] 2012年06月
[+] 2012年03月
[+] 2012年01月
[+] 2011年12月
[+] 2011年11月
[+] 2011年09月
[+] 2011年08月
[+] 2011年07月
[+] 2011年05月
[+] 2011年04月
[+] 2011年03月
[+] 2011年02月

「ひらがな」について思う(2017/8/30)


8月30日放送のRKBラジオ「開店!ウメ子食堂」で、「好きなひらがなは何ですか?」をテーマに放送していました。 私も10:20ごろにこの番組に出演して、このテーマに参加しました。

私の答は、「特定のひらがなについて、好き嫌いの感情を抱いたことはない」面白くなくてスミマセン。でも本当です。

それより、言いたいことがありました。

例えばカタカナ。カタカナは漢字の一部が使われていますよね?「加」は、「カ」と「ロ」だし、「化」は「イ」と「ヒ」、「二」はそのまま「ニ」、「シ」は漢字のさんずい、「ネ」は漢字のしめすへんです。カタカナのルーツが漢字であることは一目瞭然です。

では、ひらがなは?ひらがなもカタカナ同様、ルーツは漢字です。ただし、漢字は漢字でも漢字を「崩して書いたもの」がベースになっている点がミソですが。例えば「の」は、「乃」の字を草書で書いたものですね。「に」は「仁」、「ふ」は「不」、「や」は「也」など、形がすぐ想像できるモノはいいのですが、決してそうばかりではありません。

ひらがなは、日本人が使う文字としては一番メジャーなもの。ならば、全てのひらがなについて、元になっている漢字を知っておくべきでは?と思うのです。元の漢字のほとんどが当用漢字であるはずで、見たこともないような画数の多い難しい字は該当しないでしょう。

小学校か中学校で教えて欲しかったな、と今更ながらに思います。

 

 

 

ラジオリスナー時代を思い出しながら(2017/6/6)


こどものころ、友達が持っているものが欲しくなり、親によくねだっていました。

その中で特に印象に残っているのは、AMラジオでした。                             母の「ただし、宿題はちゃんとやりなさいよ!」の言葉付きだった気がします。

色は当時好きだった緑色、ダイヤルも音量もツマミを回すタイプのもので、                                            自動車のインパネにメーターが並んでいるのを思わせるようなデザインだったこともハッキリ記憶しています。

真ん中についているスイッチをオンにするのは、決まって毎晩夜9時前。                                   プロ野球のテレビ中継が夜9時を過ぎて延長されることのなかった時代、                                   9時までに決着がつかない試合の続きを聴くためのラジオでした。

実は、ラジオを聴きながら宿題をしているフリをしていたのです。                                          手元で書いていたのは、大抵試合の経過でした。

そして、いつしか試合のあとに始まる番組も夢中になって聴くようになり、                                      聴けない時は、録音してまで聴きたいと思うようになりました。

次にねだったのがシルバーのラジカセ。こどもなりのステップアップです。                                    年賀状以外でハガキを書くことに目覚めたのも、今思えばラジオのおかげでした。

リスナーの気持ちはいつの時代も変わらないものです。                                             当時の経験を思い出しながらマイクに向かっています。

アナウンサーの違った一面を!(2017/5/17)


RKBラジオで月~金曜9:00~12:00に放送中の

「開店!ウメ子食堂」

この中で、毎週水曜日10:20ごろのコーナー、

「ウメ子の日替わり定食」に、

アナウンサーが入れ替わりでおじゃましています!!

 

どのアナウンサーが何の話をするのか?

例えば、ニュースキャスターの坂田周大アナウンサー。

社会問題に関するお話をすると思ったら大間違い!なんてこともあります!!

 

私は、大好きな鉄道、ラーメン、お酒などいろんなジャンルに広げます。

スポーツアナウンサーが、スポーツの話をするのは当たり前。

それをいい意味で裏切る話を期待して下さい。

 

RKBアナウンサーの違った一面が見えるコーナーにご期待下さい!!

ほけんの窓口レディース オススメは・・・(2017/5/10)


女子プロゴルフツアー第11戦「ほけんの窓口レディース」が、                          今年も福岡カンツリー倶楽部和白コースで行われます。

賞金総額1億2000万円、 優勝賞金は2160万円                                3日間大会としては国内最高額なんです!

さて、福岡カンツリー倶楽部和白コースでオススメなのが、ズバリ13番ホール。

なぜか?と言いますと・・・                                           ゴルフは、プレー中とても静か。鳥のさえずりや虫の鳴き声がよく聞こえます。                 この13番ホール、シーンと静まり返った中、時々

「カタンコトン~カタンコトン~」列車の走行音!

そうです。すぐ脇にJR香椎線(通称 海の中道線)の線路があるのです!

今どき、何ともいい響き!!列車編成はそんなに長くありませんが、                      鉄道ファンにとっては最高のBGM!! 楽しみ方はいろいろあっていいのです。

 

さて、放送は、

5月12日(金)深夜0時25分~深夜1時50分(RKB単)
  13日(土)午後4時00分~午後4時54分
        (TBS、MBS,CBC、HBC、RCC、九州7局)
        午後4時54分~午後5時24分(九州7局)
  14日(日)午後3時30分~午後4時54分(JNN全国28局)

熱戦にご期待下さい!

RKBラジオ「開店!ウメ子食堂」は・・・(2017/4/4)


RKBラジオで月~金曜9:00~12:00に放送中の

「開店!ウメ子食堂」

この中で、毎週水曜日10:20ごろのコーナー、

「ウメ子の日替わり定食」に、

アナウンサーが入れ替わりでおじゃましています!!

 

どのアナウンサーが何の話をするのか?

例えば、ニュースキャスターの坂田周大アナウンサー。

社会問題に関するお話をすると思ったら大間違い!なんてこともあります!!

 

私は、大好きな鉄道、ラーメン、お酒などいろんなジャンルに広げます。

スポーツアナウンサーが、スポーツの話をするのは当たり前。

それをいい意味で裏切る話を期待して下さい。

 

RKBアナウンサーの違った一面が見えるコーナーにご期待下さい!!

 

 

東福岡ラグビー部、黄金時代!②(2017/2/12)


東福岡高校ラグビー部のみなさん、

2年ぶり6回目の日本一おめでとうございます!

 

第96回全国高校ラグビー大会で、接戦をことごとくものにして優勝した東福岡高校。

その強さの秘密は、いろんなところにあったように思います。

前回ここでお話しした  「基本に忠実であること」                                                「一つ一つのプレーが丁寧で確実性が高いこと」 「ディフェンスへの高い意識」

そして・・・ 彼らが戦う姿は、とても高校生とは思えない落ち着いたものでした。

これは、ラグビーに限らず、物事に対処する上でとても参考になることです。                            高校生に教えられた気がします。そして、その象徴はキャプテンの箸本選手。                            藤田雄一郎監督が最大級の賛辞を送っています。「彼はいるだけでキャプテンだ。」                         まさしく、リーダーの中のリーダー、理想的ですね。

さらに、「バランスよく鍛えられた体」がここに加わります。                                                                                                      ただ闇雲に鍛えるのではなく、鍛える箇所を考えながらバランスのいい体を作り上げています。                                                              体幹の強さがあるので、少々のタックルを受けても前進できる。                                                                                むしろ、東福岡の選手めがけてタックルした選手が負傷する事態が起こっています。

「心・技・体」充実しているから強いのです。

見ている側が本当に色々と教えられた優勝でした。本当におめでとうございました!

東福岡ラグビー部、黄金時代!①(2017/1/8)


 

東福岡高校ラグビー部のみなさん、

2年ぶり6回目の日本一おめでとうございます!

 

第96回全国高校ラグビー大会は、東福岡優勝で幕を下ろしました。                    東福岡は、春の選抜大会、夏の7人制と合わせて3冠達成。2年ぶり2度目の快挙です。
これで全国高校大会での優勝6回は天理に並ぶ4位タイです。

しかも、優勝は6回とも最近10年でのもの。つまり、黄金時代真っ只中です。
また、あと1回で大阪の常翔啓光学園(旧校名=啓光学園)に並びます。                   常翔啓光学園といえば、かつて東福岡が花園の決勝戦で2度屈しました。                 特に、ディフェンスの重要性を学んだ相手でもあります。

さて、今回の東福岡の戦いぶりを見ていて感じたことがあります。                   一つは今更言うまでもありませんが、基本に忠実であること。
もう一つは、どんな状況であっても慌てることなく落ち着いていること。                互いを心底信頼し合っている何よりの証拠です。
また、東福岡のラグビーのイメージの一つに、スピード感がありましたが、               今回は決してそこまでの印象は受けませんでした。                          それよりも、一つ一つのプレーが丁寧で確実性が高い。
ともすれば、相手に合わせているかのようにも見えました。                        ラグビーは、受けに回ると弱いと言われますが、東福岡は、                      受けながらも冷静にチャンスを伺っているようでした。                        逆に、相手は攻めているのに不安を感じ、スタミナも奪われていくようでした。

これぞ、ディフェンスからチャンスを掴む東福岡のラグビーだと思います。               かつて啓光学園から学んだことが脈々と受け継がれていますね。

このところ、全国で上位を狙えるチームの共通点が「ディフェンスへの高い意識」です。

つづきはまた。

2017年 年賀状(2017/1/1)


2017 謹賀新年

いよいよ大台に。人生半ばか、それとも7~8合目なのか?

本年もよろしくお願いします。

 

今年の干支は「酉」、「鳥」といえば・・・「キイロイトリ」、

「キイロイトリ」といえば・・・「ヒヨコ」、「ひよ子」といえば・・・「手土産」

今年は、「手土産」になるような一言を、

放送で表現したいもんだ!

 

では、恒例のプロ野球順位予想!

<パ>1ソフトバンク 2楽天 3日本ハム 4西武 5オリックス 6ロッテ

<セ>1巨人 2広島 3DeNA 4阪神  5中日 6ヤクルト

そして、日本シリーズは・・・今年こそ西日本シリーズ、ソフトバンク×広島!

 

外れたらすみません。去年も外れました。
ちなみに、12球団の順位をパーフェクトに当てたことは・・・
過去に一度たりともありません。ここのフレーズは、毎年変わりません。

 

平成29年 元旦

〒814-8585  福岡市早良区百道浜2-3-8   +rkb 茅野正昌

ロードレースで酔いしれる!?(2016/11/17)


今年も駅伝やマラソンなどロードレースの季節がやって来ました。

11月3日(木・祝)に行われた九州実業団毎日駅伝は、これまでの八木山越えとは特徴が異なる北九州市の新しいコースで行われました。

今回の私の担当は、後方からリポートする第2放送車。先頭に固定される第1放送車と違い、自由に動ける面白さがあります。

さて、マラソンや駅伝で活躍する移動放送車に乗り込むアナウンサーですが、

車の後ろ側に設けられた放送席に座り、ランナーと正対しながら放送します。

つまり、アナウンサーは後ろ向きに進むことになるのです。

今でこそ慣れましたが、入社間もないころは実は大変でした。

レース当日を迎える前、放送スタッフは本番通り放送車を走らせて必ずリハーサルを行います。

リハーサル中は交通規制がされる訳でもなく信号も作動していますので、

当然、渋滞や赤信号では放送車も止まらなくてはいけません。

リハーサルでは、後ろ向きに乗った車が止まったり動いたりを繰り返す訳ですが、

これがちょっとくせ者。ランナー同様の一定速度で止まることなく走行する本番に比べると…。

若いころは、レースに酔いしれる前にリハーサルで酔ってしまうという

何とも情けない思い出だけが残っているのです。

RKBでは、実業団男女の駅伝や別府大分毎日マラソン、クロカン日本選手権など、ロードレースシーズンに懸けるランナーたちそれぞれのドラマを伝えていきます!

どうぞ今季もご期待下さい!

 

お話アカデミーもいよいよ・・・(2016/9/1)


今年で7回目を迎えた「西南学院プレゼンツ RKBお話アカデミー」

 

本が大好きな小学生のみなさん、音読が得意な小学生のみなさん、

そして、人前で発表することが大好きな小学生のみなさんに数多く参加してもらいました。

ありがとうございました。

 

この度、二次審査が無事終了しました。

福岡会場は、8月20日(土)RKB放送会館で、北九州会場は、8月27日(土)新小倉ビルで。

 

見事通過した皆さんによる福岡佐賀地区決勝大会=最終審査は、

RKBラジオまつりの二日目、10月16日(日)に福岡タワーで開催します。

この日、福岡佐賀地区代表が決まり、12月の九州山口沖縄大会へ進みます!

同じように、九州山口沖縄各県で、12月を目指したコンテストが進んでいます。

 

アカデミーキッズをめざした各県の優秀な小学生に出会える12月がますます楽しみです!!