<<<戻る
■第568回(平成24年7月17日)
平成24年7月17日(火)午後2時から、RKB毎日放送本社会議室で開催した。

〈出席者〉
審議委員……… 浦山 茂(委員長)、岩松 城(副委員長)、小野 史記子、川原 道憲、河邉 哲司、倉富 、純男、新地 哲己、田島 安江、山渋 久美子
欠席委員……… 佐藤  章
放送事業者……… 永守 良孝社長以下14名
<議題>
番組審議 テレビ番組「ダイドードリンコスペシャル 
炭鉱(ヤマ)は消えても〜筑豊・田川の川渡り神幸祭〜」 放送 
6月30日(土)14時〜14時54分
<審議概要>
各委員からは、みこしを担ぐ男たちだけではなく、奥さんたちの頑張りが表現されている点が良い、という意見や、夜間のライトアップのシーンなどが綺麗だった、という意見の一方で、祭りの成り立ちに触れていないのが残念という指摘が行われた。
また、多数の人々がこの祭りに関わっているのに、高齢者が一切登場しないのはなぜか、という疑問が示された。
これに対して番組制作者からは、川渡り神幸祭の「みこしをかつぐ会」には年齢制限があり、60歳を超えたら祭りにはあまり関与しないというスタンスを取っている、という背景説明が行われた。
また浦山委員長から、7月6日に開催された九州・沖縄地区番組審議会委員長会議の席上、TBSに対し、もっと大人の好奇心をくすぐる番組を制作してはどうか、などの意見を述べた事が報告された。


<次回開催予定> 平成24年9月18日