<<<戻る
■第570回(平成24年10月16日)
平成24年9月18日(火)午後2時から、RKB毎日放送本社会議室で開催した。

〈出席者〉
審議委員……… 岩松 城(副委員長)、小野 史記子、川原 道憲、河邉 哲司、倉富 純男、佐藤 章、新地 哲己、田島 安江、山渋 久美子
欠席委員……… 浦山 茂(委員長)
放送事業者……… 永守 良孝社長以下16名
<議題>
番組審議 ラジオ番組「中西一清スタミナラジオ」 
放送日時 9月24日(月)午前7時−9時
<審議概要>
各委員からはニュース・天気予報・交通情報などを織り込みながら、政治に関わる問題を的確に伝えている。辛辣な内容もあるがRKBらしく、重みがあって引っ張っていく感じが良い。季節の話題から入って様々な情報を網羅しており一日のはじめには大変良い番組だ、という意見の一方で情報がずっと続いていくのは印象としてきつい感じがあり、音楽をはさんだ方がよいという意見や、途中に東京のTBSが制作する全く別の番組が何の説明もなく入っているのはわかりにくい、という意見があった。  制作担当者からは、ラジオは「生」で聞いてもらう事を前提としており、この番組は、何か起きた直ちに対応する「即応性」を意識していること、また出演者が自ら体験した病気などの体験も番組に採り入れているという説明が行われた。  

その後社側から、放送法に定められた放送番組種別についての報告が行われ、平成24年度上期は、教育10.4%、教養23.9%など、放送免許の条件に適合していることが報告されました。またCM時間についても16.9%で、自主規制値の18%を下回っていることなどが説明された。


<次回開催予定> 平成24年11月20日