<<<戻る
第596回(平成27年5月19日)
 第596回番組審議委員会を5月19日(火)午後2時から、RKB毎日放送本社会議室で開催した。
<出席者>
審議委員……… 相戸 晴子、葦津 敬之、稲谷 陽一郎、今川 英子、川邊 貴俊、
坂口 淳一、佐々木 希、西 秀博、野沢俊司、渡部 一也、
放送事業者……… 井上社長以下19名
<議題>
(1) 「サンデーウォッチ」5月10日放送分
(2) 業務報告
<議事の概要>
「サンデーウォッチ」毎週日曜日午前10時30分から1時間のレギュラー番組
この番組は日曜の朝にふさわしい話題を取り上げ、「お出かけ情報」「スポーツ情報」、「気象情報」そして「街かど経済情報」といったラインナップで構成している。

委員からは
・全体として、肩の力を抜いて気楽に見ることができる。
・盛りだくさんの内容だが、メリハリが効きテンポ良の良い番組だ。
・コメンテーターの秋山前監督の新たなキャラクターがすばらしく良く、一言一言が、面白い。
好感が持てる。
という評価があった。

一方で、
・日曜の朝のこの時間、一体ターゲットはどこなのか?ターゲットをきっちりとらえてないのでは。
・話題は豊富だが、福岡が中心で、エリアへの広がりがない。
・生番組の良さと難しさを感じた。バタバタして、落ち着きがない。もっとゆったりとした作り方が望ましい。
・見た人に何を残せるのか、もっとインパクトのある方向で、「新しい発見に出会う。」を視聴者にアピールして欲しい。
・ニュース性を出すのであれば、旬の話題とは何かを追求し、また、もう少しデータをだしてほしい。
という、批評、検討を要するとの意見があった。

制作者からは
・この時間帯、福岡発の地域の生の情報番組はこの番組のみ。旬の話題を上手に取り込みたいと考えている。
・大人がメインのターゲットで、子供も一緒に見ることを期待している。
・スポーツと幅広い意味での経済情報をという視点で、身近な情報、知っているようで知らなかったことなど、肩肘張らない番組を目指している。
・4月からのスタートであり、どういった方向性が良いのか、試行錯誤しながらチャレンジしている。
と、説明があった。

<次回開催予定> 平成27年6月16日(火)