テレビ放送2月25日(土) ごご4時から放送

クロスカントリー日本選手権

見どころ

起伏のある草原や砂地を駆け抜ける陸上競技「クロスカントリー」。 スピードや勝負の駆け引きだけではなく、コースへの適応能力やパワーなど、ランナーとしてさまざまな要素が求められる。 日本陸連主催大会として最高のランク付けとなる「クロスカントリー日本選手権」。優勝すれば、JAAFアウォーズで表彰されるこの大会に相応しく、今年のロンドン世界陸上、さらには3年後の東京オリンピックでの主役を狙う国内の若手有力選手が「福岡・海の中道海浜公園」に集結する。

女子の部は、大学生でリオオリンピック3000m障害日本代表となった20歳・高見澤安珠選手(松山大)がエントリー。今シーズンの駅伝でも2大会連続の区間賞。4年生で迎える今年もロンドン世界陸上でも代表の有力候補に目されている。また、実業団女子からは5000m今季ランキング1位となったユニバーサルエンターテインメントの木村友香が参戦。クイーンズ駅伝2区区間賞に輝いたスピードクイーンが、クロカン日本一から世界へ羽ばたく。

男子の部では、最強の学生ルーキー19歳鬼塚翔太(東海大)がクロカン日本一を狙う。今年の箱根駅伝で学生最速ランナー服部弾馬相手にわずか1秒差の2位となり、駅伝ファンを唸らせた。続く全国男子駅伝でも並みいる実業団のエースを相手に見事区間賞を達成。今一番の伸び盛りの19歳がロンドンと東京を視野に入れて疾走する。

熱戦必至のクロスカントリー日本選手権。スタジオには「百獣の王」武井壮さんがゲスト出演。スポーツジャーナリスト増田明美さん、S☆1キャスターの小島瑠璃子さんと共に、熱き草原の格闘レースを紹介する。 そして、男子レースの解説は、陸上王国長野の礎を築いた「クロカンの父」 両角速東海大監督。女子レースの解説は、1500m日本記録保持者で世界クロカン代表の「スピードクイーン」小林祐梨子さんのお二人が、日本最高峰のレースの難しさと魅力を余すところなくお伝えする。 なお、ジュニア選手権(ジュニア男子8㎞、ジュニア女子6㎞)のレースの模様は、RKB毎日放送公式ユーチューブにおいて映像配信し、日本陸上界を背負う未来のランナー達の姿も伝えていく。

出演者 スペシャルナビゲーター(MC)小島瑠璃子