番組内容

建造以来4550年、エジプトのピラミッドの前に立つと人々は必ずその大きさに驚き、圧倒され、そして考え込む。何故ピラミッドは造られたのか?
底辺230m、高さ147m、およそ300万個もの石を何の為に積み上げたのか?
残念ながらピラミッドには文字や記号が極めて乏しく、ツタンカーメン王の墓から発見されたような金銀財宝の類いは何一つ残されてはいない。
そのため、答えは長い間謎に包まれたままであった。
ところが3年前、ピラミッドのすぐ側に隠されていた太陽の船の発掘調査が始まると共に大きく歴史が動いた。
太陽の船はピラミッドと深い関係にあり、この船を調べることが、ピラミッド解明につながると考えられたのだ。
私達のカメラだけが、当初から発掘の一部始終を見つめ続けてきた。
今回は、新たに発見された遺物が語る新事実に加え、「ピラミッドに何故莫大な金銀財宝が存在しないのか?」
「ピラミッド内部の不思議な空間は一体何なのか?」
「ツタンカーメン王を遥かに凌ぐピラミッドの宝はどこに眠っているのか?」という大きな謎。
これらを解くカギが何と驚くべきことに、日本古来の仏教や神道に潜んでいることを見出した。
吉村作治早稲田大学名誉教授と女優・秋本奈緒美がエジプトと日本、およそ1万キロを飛び回り、全く新たな角度からピラミッドの真実に迫る。

出演者

  • ピラミッドの前で二人
  • ピラミッドを背に
  • クフのピラミッドの前にて
  • 太陽の船早稲田研究ラボ
  • ピラミッドサンセット