第27回選抜女子駅伝北九州大会

「第27回選抜女子駅伝北九州大会」は降雪によるコース不良のため中止になりました。

大会概要

第27回選抜女子駅伝北九州大会

開催日 :  2016年1月24日(日)午前10時スタート
種 別 :  一般の部 、高校の部
コース :  一般の部 5区間、高校の部 6区間32.8km
(一般) (高校)
1区 小倉城歴史の道(北九州市役所西側)~
明治学園バス停
4.2km 4.2km
2区 明治学園バス停~ 中央町三丁目バス停 5.9km 5.9km
3区 中央町三丁目バス停~(東曲里折り返し)~
長崎街道曲里の松並木前
5.1km 5.1km
4区 長崎街道曲里の松並木前~
北九州八幡ロイヤルホテル
5.9km 5.9km
5区 北九州八幡ロイヤルホテル~小倉城歴史の道
(高校は明治学園バス停まで)
11.7km 4.9km
6区 (高校のみ)明治学園バス停~小倉城歴史の道 6.8km
RKBテレビ
放送日時 2016年1月24日(日)午後3時~午後4時54分
ネット局 JNN九州・沖縄、中四国13局ネット
RKBラジオ
放送日時 2016年1月24日(日)
午前9時50分~午後0時10分
第26回選抜女子駅伝北九州大会
第25回選抜女子駅伝北九州大会
第24回選抜女子駅伝北九州大会
第23回選抜女子駅伝北九州大会
第22回選抜女子駅伝北九州大会
第21回選抜女子駅伝北九州大会
第20回選抜女子駅伝北九州大会
第19回選抜女子駅伝北九州大会
第18回選抜女子駅伝北九州大会
第17回選抜女子駅伝北九州大会
第16回選抜女子駅伝北九州大会
第15回選抜女子駅伝北九州大会
第52回九州実業団毎日駅伝競走大会

大会概要

第53回九州実業団毎日駅伝競走大会

兼 全日本実業団対抗駅伝競走大会予選
開催日時 平成28年11月3日(木・祝)
コース 北九州・本城陸上競技場~若松区~
本城陸上競技場(7区間 82.6km)
番組 「2016九州実業団毎日駅伝」
放送日時 2016年11月3日(木・祝)
午後4時25分~5時50分
ネット局 JNN九州・沖縄7局ネット
制作 RKB毎日放送
解説 宗 茂(日本陸上競技連盟終身コーチ)
実況 宮脇 憲一(RKB)

毎年元日に開催されるニューイヤー駅伝の出場権をかけた九州実業団毎日駅伝。今年からコースを一新し北九州を舞台に82.6キロを7区間に分けて争われる。これまで5区だったインターナショナル区間が2区に変更され、先行逃げ切りの駅伝でより一層選手の配置が鍵となる。

昨年の毎日駅伝で大会最多43回目の優勝を飾った旭化成(宮崎)は今年も盤石。10000メートルの日本記録保持者でリオ五輪代表の村山紘太(23)のほか今年は、鹿児島実業高校を全国高校駅伝優勝に導いた双子の兄・市田孝(24)も台頭し、連覇を目指す。

また、昨年優勝を逃した九電工(福岡)はリオ五輪10000mで銀メダルを獲得したポール・タヌイ(25)を中心に王座奪還を狙う。このほかエース今井正人(32)擁するトヨタ自動車九州(福岡)、アジア大会マラソン銀メダルの松村康平(29)擁する三菱日立パワーシステムズ(長崎)も虎視眈々と上位を窺う。

第53回九州実業団毎日駅伝
第52回九州実業団毎日駅伝
第51回九州実業団毎日駅伝
第50回九州実業団毎日駅伝
第49回九州実業団毎日駅伝
第48回九州実業団毎日駅伝
第47回九州実業団毎日駅伝
第46回九州実業団毎日駅伝
第45回九州実業団毎日駅伝
第44回九州実業団毎日駅伝
第43回九州実業団毎日駅伝
第42回九州実業団毎日駅伝
第41回九州実業団毎日駅伝
第40回九州実業団毎日駅伝
プリンセス駅伝in宗像・福津 第2回全日本実業団女子駅伝競走大会予選会

大会概要

プリンセス駅伝in宗像・福津

第2回全日本実業団女子駅伝競走大会予選会

放送日時:2016年10月23日(日)
     午前11時50分~午後2時54分(一部地域を除く)
コース:宗像市~福津市~宗像市(6区間42.195Km)
    宗像ユリックス=スタート・フィニッシュ
開催日時:2016年10月23日(日) 午後12時10分スタート
エリア:JNN全国28局ネット

~全国への切符をかけ28チームが激突~

駅伝女王を決めるクイーンズ駅伝(宮城:11月27日)への出場権をかけた第2回予選会。
宗像大社、新原・奴山古墳群など2017年の世界文化遺産登録をめざす「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を巡るコースを舞台に、熱い戦いが繰り広げられる。
2年前まで東日本、中日本、西日本に分かれていた予選会が、去年から統一された。今年の全国への切符は14枚、去年より4チーム多い28チームが「狭き門」に挑む。
 全日本優勝7回を誇る三井住友海上、5回のワコールなど名門チームも予選会に出場。リオ五輪代表では女子マラソンの福士加代子選手(ワコール)、 5000メートルの鈴木亜由子選手(JP日本郵政グループ)など5人がエントリーした。
地元勢では、去年の全日本で7位入賞した九電工はシードされている。去年、劇的な1秒差で全日本に滑り込み、本番でも15位に入ったTOTOに期待がかかる。

2014実業団女子駅伝西日本大会
2013実業団女子駅伝西日本大会
2012実業団女子駅伝西日本大会
2011実業団女子駅伝西日本大会
2010実業団女子駅伝西日本大会
2009実業団女子駅伝西日本大会
第19回九州実業団対抗女子駅伝
第18回九州実業団対抗女子駅伝
第17回九州実業団対抗女子駅伝
第16回九州実業団対抗女子駅伝
第15回九州実業団対抗女子駅伝
第14回九州実業団対抗女子駅伝