9月27日(水)の放送内容

福岡60市町村めぐり第6弾は「岡垣町」町民達の自慢ポイントを巡る。地元農家のお母さん達の経済活動の自立を支えるこの町の有名人がいる。ぶどうの樹の代表小役丸社長だ。岡垣町で作った新鮮野菜や、採れたての鮮魚を買い取り、この町に展開するレストラン、ビュッフェ、鮨屋台などの食事処で地産地消にこだわった旬献立に仕立て上げる。雨模様の平日でも、お昼時は行列が出来るほどの人気ぶり。岡垣町発にこだわった最新のサービスをリポート。さらに200年前の雨水が岡垣の山々を通って濾過され、美味しい地下水として町民に親しまれている。そして小学校の校庭から神社の境内に続く、不思議な校庭になっている内浦小学校を訪れる。

▼見逃し配信はこちらから!

9月27日(水)放送分
再生はこちら!
配信期間:10月4日(水) 18:59まで ※都合により視聴できない放送日もございますので、ご了承ください

9月20日(水)の放送内容

福岡60市町村巡り第5弾は、九州北部水害で復興にむけて頑張る朝倉市を訪れる。まずは風評被

害で客足が減少した小京都・秋月では老舗の葛専門店におじゃまする。400年の歴史ある建物の中に入ると甲冑姿の10代目店主が待っていた。『あさくら復興侍』という3人組の鎧武者達、水害被害から町を活気づけようと頑張っている。その10代目に連れられて「太閤の腰掛け岩」そしてテレビ初公開の秀吉公から授かったという町の菩提寺の寺宝「茄子の徳利」を拝観する。さらに1メートルの高さまで浸水した酒蔵を訪れる。2ヶ月を過ぎて大工を入れて完全改装して、再び酒造りを開始した。苦難を乗り越えようとする決意を聞く。新企画の道の駅自転車旅は筑豊エリアの「道の駅おうとう」で1億円のトイレを楽しむ。

▼見逃し配信はこちらから!

9月20日(水)放送分
再生はこちら!
配信期間:9月27日(水)まで ※都合により視聴できない放送日もございますので、ご了承ください

9月13日(水)の放送内容

『60市町村巡り第4弾・篠栗町』この街のランドマークとも呼べる南蔵院から番組スタート。巨大な涅槃像に陣内孝則・スザンヌコンビは超ビックリ。篠栗町の観光大使のパンクブーブー黒瀬純が生まれ育った地元を案内する。篠栗は88箇所霊場巡りでも有名。その中に若い女性に人気の霊場があるという。そこは清流が流れる森に立つ縁結びの霊場だった。そこに隠された数々の仕掛けとは?さらに篠栗町民なら一度は食べるというソウルフードがある。元うどん屋さんだった『熊っ子うどん』サイドメニューの自家製麺が自慢のチャンポンが人気となり、今ではうどんに変わってチャンポン専門店となるほどに。その味わい深いスープとコシのある自家製麺に舌鼓を打つ。新企画『道の駅から~九州5000キロのタビ~』は道の駅むなかたを出発していとだへ。どんな出会いが待っているのか?

 

▼見逃し配信はこちらから!

9月13日(水)放送分
再生はこちら!
配信期間:9月20日(水) 18:59まで ※都合により視聴できない放送日もございますので、ご了承ください

9月6日(水)の放送内容

『福おかぁさん60市町村巡り第3弾』は飯塚市。街の中心地・本町商店街から番組はスタート。愛知・三河ウナギのウリにする鮮魚店の元気な店主に呼び止められ、露天で焼くブランドウナギをご馳走になる。そして山手に足を伸ばすとミシュラン1星の幻のブランド牛と呼ばれる『筑穂牛』が看板の名店がある。取材拒否だったステーキ&しゃぶしゃぶコースとは?数々の人懐っこい飯塚市民と触れ合う。さらに新企画がスタート。九州135駅ある道の駅をチャリンコで完全走覇する『道の駅から~九州5000キロのタビ~』自転車旅で普段出会えない各地域の人情にふれていく。

 

▼見逃し配信はこちらから!

9月6日(水)放送分
再生はこちら!
配信期間:9月13日(水) 18:59まで ※都合により視聴できない放送日もございますので、ご了承ください

過去の放送内容

レギュラーMC

陣内孝則
1958年8月12日生まれ。福岡県出身。
80年「ザ・ロッカーズ」でバンドデビュー。82年映画「爆裂都市 BURST CITY」で俳優デビュー。86年TVドラマ「ライスカレー」 「愛しあってるかい!」などで注目される。映画「ちょうちん」で87年報知映画賞・主演男優賞、87年ブルーリボン賞・主演男優賞など数々の賞を受賞する。 以後テレビ、映画、舞台等幅広く活躍。監督作品としては、「ロッカーズ」「スマイル~聖夜の奇跡~」「幸福のアリバイ」がある。
スザンヌ
1986年10月28日 熊本県植木町生まれ
タレント。
熊本県の宣伝部長を務める地元九州大好きな1児の母でもある。目下子育ての真っ最中。
熊本での子育ての様子を綴ったSNSも人気。
「新番組『福おかぁさん』の取材を通して、先輩お母さん達の元気なエネルギーを皆さんにお届けしたいです。」