家族びより 元旦SP

RKB毎日放送創立65周年記念番組・RKB全社キャンペーン「家族びより」をテーマに元日生放送します!
リオデジャネイロパラリンピックで活躍した選手を支えた母の愛。
熊本地震から8か月。希望を失わず復興にむけて奮闘する三兄弟。
南極観測隊に密着!そして現地からの生中継。遠く離れた家族に送るメッセージとは?様々な「家族」をご紹介し、ほっこり笑顔をお届けします!
また、毎年恒例!空からの三社参り中継など、エリア各地の元日を生中継で伝えます。

番組内容

2016年は、日本の南極観測隊が初めて出発してから60年となる 節目の年。RKBはこの冬南極観測隊に同行し密着取材を行っています。 南極と福岡を生中継で結び、「南極のお正月」の様子を伝えます。 また、現地で任務をつとめている福岡出身の南極料理人とその家族を 生中継でつなぎ、新年のメッセージをお互いに伝えます!

江戸時代、細川藩御用達の由緒ある湯治場、地獄温泉「清風荘」。 源泉が豊富で足元から沸く「すずめの湯」は全国の温泉ファンから 愛されていました。しかし、熊本地震で大きな被害を受け、その後の 大雨による土砂崩れでほぼ壊滅。唯一被害を免れた「すずめの湯」を 希望に、温泉を営む河津さん三兄弟が復興に向け日々奮闘しています。 「すずめの湯」から生中継で、復活への思いを語ってもらいます。

佐賀出身のお笑い芸人、はなわとその家族が登場。はなわ家は、 高校1年・小学6年・5才の男の子がいる5人家族。体格に恵まれた 息子たちは全員柔道の選手として日々精進しています。 (長男・元輝くんは県優勝・全国3位ににもなった実力の持ち主。) 実は、はなわには父親として気がかりなことがありました。 次男・龍之介くんは、優秀な長男と何かと比較され、誰にでも可愛が られる弟を横目に、自分らしさを出せないでいます。 柔道でもなかなか良い成績をおさめられず、来年中学校に進学して、 心が折れてしまうのではないか?自身も 三人兄弟の次男であるはなわは、息子の気持ちがよくわかります。 そこで、、、はなわは次男と初めて2人だけの時間をすごし、本音を 聞き出し励まそうと、ある計画を企てます。

下関の盲学校で、人生の転機となる出会いでマラソンを始めた道下さん。 結婚を機に福岡に移り「大濠公園ブラインドランナースクラブ」に所属 し走り込み、リオデジャネイロパラリンピックでは、見事銀メダルを手 にしました。そんな彼女を支えてきたのは、他でも無い母親の存在。 母と娘、二人三脚で走ってきた人生。強い絆で結ばれた母と娘の姿を 追いました。

RKBアプリクイズの当選者は以下の2名です。ご当選おめでとうございます!
福岡市・井上愛美さま / 大牟田市・橋本友美さま

たくさんのご回答ありがとうございました。