当社での木づかい運動の取組み
rkb毎日放送株式会社は林野庁が推進する『木づかい運動』を応援します。
名刺・パンフレット等の印刷物にマークを掲載し「木づかい運動」をPRしております。
『木づかい運動』とは?
京都議定書では,2012年までに日本の二酸化炭素の排出量を1990年の水準より6%削減することを約束しています。そのうち3.9%を日本国内の森林によるCO2の吸収量で達成しようとしています。しかし,日本では手入れが行き届かない森林の荒廃が進んでいるため,今のままでは,京都議定書の二酸化炭素削減目標達成が危ぶまれています。このため,林野庁においては,2005年度から国民運動として「木づかい運動」の取組みを開始し,国産材の積極的な利用を通じて山村を活性化し,二酸化炭素(CO2)をたっぷり吸収する元気な森林づくりを進めようとしています。

3,9 GREENSTYLEロゴ木づかい運動は、京都議定書で定められた温室効果ガスの 削減目標の達成に向けて国産材の利用量を早急に拡大 (1,700万m3/年から2500万m3/年)することを 目指すものであり、国民一人一人に国産材利用の意義を早急に 浸透させ実際の実需に結びつけていく必要があります。 そのための普及ツールの一つとして、木づかい運動を象徴するロゴマーク 「サンキューグリーンスタイルマーク」を制定しました。

『木づかい運動』ロゴマークの中心に据えられた数字「3.9」は、言うまでもなく、京都議定書における我が国の温室効果ガス削減目標6%のうち、森林による二酸化炭素吸収量分である3.9%を意味するものです。
また、マークの上段のロゴである「国産材、使って減らそうCO2」とは、国産材の利用を通じて、我が国の健全な森林整備を推進し、森林による二酸化炭素吸収目標3.9% の達成を目指すことを、シンプルに一言で表現しています。
さらに、下段の「3.9GREENSTYLE(サンキューグリーンスタイル)」とは、CO2 を吸収してくれる日本の森林に感謝(サンキュー)しながら、目標の3.9%( サンキュー)の達成に向かって、国産材を日々の暮らしに積極的に取り入れていくライフスタイルの提案です。

(『木づかい運動』と『サンキューグリーンスタイル』についてはこちらをご覧ください。)

閉じるボタン
Copyright(c)RKB MAINICHI BROADCASTING CORP.