「どっぷり福岡密着バラエティ」番組の主役は福岡県民&福岡の街!福岡の「街」「人」「企業」をぐぐっと掘り下げます。“豆ごはん”が毎日を前向きに生きるためのパワーをお届けします。

2016年9月28日放送

■激戦!ふくおかホテル
福岡市はここ5年で観光客が200万人増加、宿泊稼働率はなんと80%超え!?特に野球やコンサートが行われる週末は、お隣北九州市にも宿泊客があふれる過密状態!そんな福岡のホテル事情に潜入する。時代の波はプチ高級?激戦区博多駅エリアで2年連続№1を誇るビジネスホテルとは…!?ゲストハウスやカプセルホテルにも驚くべき趣向が!さらに地元客を引き寄せる人気ブッフェや、リゾート化する都心近郊。一方、低価格を維持するロードサイドには意外な客層が。各々が今後を見据えたサービスでしのぎを削る!今時ホテルの最前線に迫る。
■初めての島暮らし!地島に来たこども達Ⅲ 地島に夏が来た!!
親元を離れ、福岡県宗像市の地島に漁村留学にやって来た5人の子供達の姿を追う第3回目。
地島に夏到来!待ちに待った海遊びがいよいよ始動し子供達は大はしゃぎ。島の祭りにも参加し、神輿が海を渡って練り歩く独特の姿に興奮する。シャイだったみずき君は男の子トリオと元気いっぱい!魚嫌いだったリノちゃんも自家製のにぎり寿司に躊躇なくパクつく!島にやってきた家族は、逞しくなった子供たちに目を細める。そんな夏の終わり、台風が接近し…。

2016年9月7日放送
ザ西中洲
中洲と天神の間にあり、少し敷居が高そうな謎多き社交場「西中洲」、
その魅惑の繁華街に潜入!この一画には250軒もの食事処がひしめき、
故に一流の“食人”達が集まる福岡一のグルメエリアとも言われている。
西中洲を代表する老舗御三家とは?
歩いてみれば狭い路地にある隠れ家のような店店。
高級店ありお手頃ありユニークあり…
角を曲がるたびに変わる風景、肌で感じる路地裏文化。
意外な町内同士のつながりも…西中洲の親しみやすい顔が見えてくる!?
●BAR 是空
問:092-725-6307
・名物モヒート…1,300円

●河庄
問:092-761-0269
・特上にぎり…10貫5,400円

●藤よし
問:092-761-5692
・かしわ…130円
・ばら…300円

●おでん安兵衛
問:092-741-9295
・大根…200円
・玉子…300円

●博多和田門
問:092-761-2000
・元祖サーロイン 特選レモンステーキ…4,500円

●博多 呑多区
問:080-3347-2004
・コラーゲン入り焼き餃子…550円
・手作りハンバーグ…980円

●鮨てとて
問:092-731-2555

●游來
問:092-731-2968

●レザン・ドール
問:092-724-6500

●ラ・メゾン・ドゥ・ラ・ナチュール・ゴウ
問:092-724-0955

●三原豆腐店
問:092-731-1108
・幻の厚揚げ…500円
・豆腐の生チョコ…600円

●博多ほたる
問:092-732-3277
・わら焼き盛り合わせ…2,400円
・ごまさば…980円
・土鍋ごはん…(2合)1,980円

●マジックキャンドル
問:092-724-0745
柳川高校の絶校長先生!
スポーツの名門校として知られる福岡県、私立柳川高校。
3代目理事長で校長の古賀賢さんは、生徒から「絶校長先生」と
呼ばれる一見チャラそうな(?)親しみやすいキャラクター。
しかし、こうと決めたら猪突猛進、何とタイに付属中学設立を掲げた!?
前例のないこの取り組み、周りの反対を押し切って動き出したはいいが、
そこには様々な困難が…。親日家が多く日系企業人気のタイと、
少子化時代、生徒数の確保と同時に国際化を目指す柳川高校。
未来の高校のあり方に向けて突っ走る絶校長先生の1年半に密着!

トップ