「どっぷり福岡密着バラエティ」番組の主役は福岡県民&福岡の街!福岡の「街」「人」「企業」をぐぐっと掘り下げます。“豆ごはん”が毎日を前向きに生きるためのパワーをお届けします。

2015年11月11日の放送
天神 味のタウン物語
昭和36年にオープンしたというレストラン街「味のタウン」。
再開発で移転後も尚、庶民の胃袋を掴み続けている。
オープン当時から健在の「あま太郎」、「因幡うどん」。
行列の「ひょうたん寿司」、吉野家より早くカウンタースタイルの牛丼を提供していた「牛心」。
激化する都心のグルメ戦争の中で、生き残る術や人気の理由はどこに?
●ひょうたん寿司(ひょうたんの回転寿司)
問:(092)733-7081
営:午前11時?午後9時
・かわはぎ(一皿)…350円(税別)
・うに(一皿)…420円(税別)
・あじ…350円(税別)
  ※撮影時
・ジャンボ定食…870円
  ※本店平日限定

●牛心
問:(092)732-6499
営:午前9時?午後10時半
・牛丼…490円
・チキン南蛮…690円
・ステーキセット…770円
・唐あげ丼…440円

●菊正宗おみき茶屋
問:(092)751-2292
営:午前11時?午後10半 

●おでん屋加賀見
問:(092)751-1212
営:午前11時?午後10時半
・おでん…180円~

●因幡うどん 味のタウン店 
問:(092)733-7085
営:午前9時?午後10時
・ごぼう天うどん…480円

●あま太郎
問:(092)733-7088
営:午前11時?午後10時
・冷やしちんめん…680円
・五目ちんめん…780円
・龍太郎定食…830円
小倉で進むリノベーションプロジェクト
9月にオープンしたのがtanngatable(タンガテーブル)。
ゲストハウスとレストランが併設し宿泊施設だ。
旦過に新たな息吹を取り入れようとする彼らの取り組みや、
そこを訪れる人々を中心に、小倉の隠れた魅力を再発見。
●Hostel and Dining"Tanga Table"(タンガテーブル)/北九州市小倉北区馬借ホラヤビル4F
問:(093)967-6284
・和室ドミトリー…1人1泊2,800円
・アボカドオーブンサンド…500円
・和食プレート…500円
日本一企業 全国に60%のシェアを誇るカクマル
道路に打たれる「基準点」や「境界標」などの道路鋲。
気をつけて見てみると全国のあんなところやこんな所にも!
その歴史は昔々に遡る。
さらに秀吉公の行列が通ったという道の足跡が!?
◆株式会社カクマル/福岡市城南区別府3-17-17
角打ちはしご酒
北九州の立ち飲み文化“角打ち”をめぐるシリーズ。
街の歴史や人間模様を田畑アナがリポート。
今回は若松近辺をふらり。
◆若戸渡船
・片道100円
  ※乗船時間3分

●若田和洋酒店/若松区白山1-3-6
問:(093)761-3464
角打ち営業:午前9時~午後6時

●石田酒店/若松区老松1-2-4
問:(093)761-3957
角打ち営業:午後4時~午後8時 

●岡部酒店/若松区二島3丁目1?12
問:(093)791-0389
角打ち営業:午後3時半~午後9時
2015年11月04日の放送
築70年大衆食堂の家族の絆
夫婦で始めた食堂「泰洋軒」。
お袋の味を受け継いだ料理が客の胃袋を掴み、今年で25年になる。
成人した息子は遠く岩手でラガーマンとして活躍し、まもなく父になるという。
忙しくも何気ない日常の中、そんな息子から思いもかけない感謝の手紙が…。
スタジオもらい泣き!ありふれた家族の中に詰まった感動ヒストリー。
●泰洋軒/福岡市東区名島
問:(092)671-0431
営:11:00~15:00 17:00~21:00
・とり天定食…800円
・しょうが焼食…750円
・刺身定食…860円
愛が生まれる!懐かし市場
北九州市八幡西区の昭和なファミリー商店街、それが相生商店街。
老舗の小湊野菜店も従業員8人全員親族。
多忙な毎日でも和気藹々?ところが現実は・・・!
55年の歴史を刻む古き良き商店街とそこに生きる人々の物語。
◆相生商店街/北九州市八幡西区相生町1-7
問:相生商店連盟協同組合(093)645-2321

●お弁当のたていし/相生商店街 銀天市場
・選べるお弁当…500円

●ニコニコ寿司/相生商店街 マルゼンストア
・だし巻き玉子…(小)200円

●おぎ鮮魚店(寿司屋さん御用達)/マルゼンストア内

●活魚の小森(魚の調理)/マルゼンストア内

●橋本水産 (活魚が強み)/マルゼンストア内

●こみなと商店/相生商店街 マルゼンストア
女として生きる!カリスマママ
美に手抜きなし!毒舌軽妙!
開けっぴろげでいて包み込むような頼もしさ。
それがOKAMAバーのカリスマ、軽子ママ。
いつも心にあるのは、ニューハーフとしての自分を後押ししてくれた亡き母への感謝。
一方、別れた父に対しては複雑な思いを抱いてきた。
しかしその父の身に…。30年ぶり父との再会…!
●おかまBAR SHIN&KEIKO/福岡市博多区住吉
老舗和菓子店のファミリー秘話
「マッサン」のエリーが福岡にも!?
40数年前、まだ国際結婚が珍しい時代にドイツから千鳥屋に嫁いで来たウルズラ夫人。
多くを語らず、静かで凜とした佇まい。
しかし、言葉も文化も違う異国の地に骨を埋める決意をした理由はただ1つ、夫への深い愛情…。
千鳥屋の洋菓子に情熱を注ぎ、常に笑顔だったという亡き夫。
夫婦の愛の物語。
●千鳥饅頭総本舗セントラル店/粕屋郡新宮町
・モンブラン…120円(税別)
 ※ケーキの種類は季節ごとにちがいます
さる山に学ぶ家族のあり方
◆福岡市動物園/福岡市中央区南公園1番1号
問:(092)531-1968
営:午前9時~午後5時
休園日:月曜日(祝日の場合は翌日)

トップ