世界遺産記念ドラマ 宗像大社や宗像市、市民が全面協力

舞台は世界遺産登録に沸く宗像市。今回のドラマのほとんどが宗像市で撮影されました。今年7月に世界文化遺産に登録された宗像大社をはじめ大島、神湊、赤間など様々な“宗像”がロケ地として登場します。また、宗像大社でのドローン撮影を始め、宗像市の協力のもと、宗像市民がエキストラや炊き出しボランティアとして参加。エンドロールも一般視聴者から応募された宗像の写真を使って構成されます。宗像市民、宗像を愛する視聴者が一体となって作り上げた記念すべき年の記念すべきドラマです。放送後、メイキングなども収録したDVDは宗像市内の小学校や公共施設で活用される予定です。