アジア熱風街道-メコンを結ぶ1000キロの旅-

MBS(大阪) 9月23日(月・祝)9時55分~10時50分
TBS(東京)9月23日(月・祝)10時05分~11時

市原隼人が急成長に沸く東南アジアを熱くリポート!

番組概要

俳優・市原隼人が、タイ・カンボジア・ベトナムの3カ国を巡り、東南アジアの「今」に迫る。
市原が向かったのはバンコク~プノンペン~ホーチミンを結ぶルート、通称「第二東西回廊」。
めざましい経済発展を遂げるアジア、そこには急激に変化する生活環境の中でひたむきに生きる人々と、彼らと共に生きる日本人の姿があった。

番組概要

俳優・市原隼人が、タイ・カンボジア・ベトナムの3カ国にわたる全長約1000kmの「第二東西回廊」を旅する。
まず市原が向かったのはタイ・バンコク。経済成長が著しいバンコクは、空前のジャパンブームに沸いていた。食文化はもちろん、日本の精神を学ぼうと武道に関心を持つタイ人が多いのだという。市原はバンコクで剣道を教える日本人ビジネスマンを訪ねた。
次に市原が向かったのは、ある日本企業の工場に勤めるパイサン・ポーター(通称サップ) (36)さんの自宅だ。28年ローンを組んで購入したばかりの3LDKの新居。地方出身者がローンを組んで家を買えるようになったのは、ここ最近のことだと言う。共働きのため、6歳の娘はまだ実家に預けたまま。サップさんは家族で一緒に暮らせる日を夢見て、仕事に励んでいる。
カンボジアでは、伝統工芸・絹織物の技術を若い女性たちに教えている日本人女性を訪ねる。関口晴美さん(61)は、NPO法人を立ち上げ、カンボジアの人々を支援して33年、特に女性の社会的自立を支援して10年目になるという。内戦の影響で、複雑な事情を抱えるカンボジアの若い女性たちに、まるで親のように愛情を持って接する関口さん。工房に笑顔の絶えることはない。まさに、希望の光に満ちているのだ。
ベトナムへ向かう途中のメコン川は、現在フェリーで超えなくてはならない。第二東西回廊のボトルネックになっているのだ。物流や人の往来をより活発化するには、新たに橋を建設しなければならない。
そのプロジェクトに、日本とカンボジアが共同で取り組んでいる。この橋ができれば・・・建設現場と携わる人々の想いを市原がリポートする。
ベトナムのホーチミンでは、親元を離れ寮生活を送りながら、経済学を学ぶ女子大生、ファン・ティー・トゥーン・フォンさん(21)に出会い、将来の夢を語ってもらう。ベトナムの若者たちの目は、いま海外に向いていて、留学を希望する学生が急増しているという。是非、日本に行きたいと目を輝かせるフォンさん。市原は第二東西回廊の終着点、港町ブンタウにフォンさんの母親を訪ね、女手一つでフォンさんを育ててきた母親が娘に託す思いを聞く。
激動する時代にたくましく生き、夢あふれる現地の人々。その熱に触れた市原は何を感じるのか。