RKB NEWS

佐賀銀行 高額預金者の個人情報流出

6月19日(月) 12時50分


福岡市にある佐賀銀行の支店で多額の現金が盗まれた事件で、佐賀銀行に1億円以上の預金がある顧客の個人情報が、窃盗グループ側に流出していたことがわかりました。

この事件は去年10月、福岡市内にある佐賀銀行の2つの支店で多額の現金が盗まれるなどし、元行員の吉田淳被告(42)を含む窃盗グループ10人が起訴されているものです。

佐賀銀行に1億円以上の預金がある顧客169人分の名前や住所、預金残高などの個人情報が、窃盗グループ側に流出していたことがわかりました。

佐賀銀行によりますと、元行員の吉田被告が、在職時、データベースから情報を抽出していたことが確認されたということです。

警察は、窃盗グループが、吉田被告から入手した情報を元に顧客の資産を狙っていた疑いがあるとみて捜査しています。

2017年6月19日(月)のニュース