RKB NEWS

交配用ミツバチ壊滅状態 農業への影響懸念

7月17日(月) 19時42分


今回の豪雨では、朝倉市の老舗の養蜂場も泥水で巣箱が流されるなどし、少なくとも100万匹のミツバチが死にました。

ミツバチがいないと花粉の交配ができないため周辺の農業への影響が懸念されています。

2017年7月17日(月)のニュース