RKB NEWS

天神ビッグバン 高さ規制緩和へ

9月14日(木) 12時27分


福岡市が進める都心部の再開発事業「天神ビッグバン」で、建物の高さ上限緩和の対象となるエリアが大幅に拡大されることがわかりました。

福岡市天神地区は、航空法でビルの高さが現在最高76メートルに規制されています。

市の関係者によると、国は福岡市の要望を受け、天神明治通り地区のおよそ17ヘクタールのエリアで、この高さ規制を大幅に緩和する方向で検討しているということです。

渡辺通りをはさんで、西側は最高115メートル、東側は99メートルまでとし、福岡空港に近くなるほど徐々に上限が下がっていく形となるとみられています。

天神地区では、まず、今年7月に大名小学校の跡地について、高さ規制が115メートルまで、認められましたがこの対象となるエリアが大幅に拡大することになります。

2017年9月14日(木)のニュース