RKB NEWS

都市高延伸 2025年トンネル直結案

12月7日(木) 12時12分


福岡都市高速道路を、2025年3月をめどに福岡空港に直結させる検討案を、福岡市が近く議会に報告することがわかりました。

福岡空港へのアクセス向上を目的に、都市高速道路を直結させることについては、2015年3月に関係機関が合意しています。

福岡市の検討案によりますと、都市高速道路3号線の空港通ランプ付近から、福岡空港国内線ターミナルまでのおよそ2キロの区間をトンネルで結びます。

また、太宰府IC方面からもトンネルを通れるように、アクセス道路を新たに整備する計画です。

総事業費はおよそ500億円で、福岡市は福岡空港の滑走路が増設される2025年3月までに完成させたいとしています。

福岡市は、検討案について、今月18日に市議会の第4委員会で報告することにしています。

2017年12月7日(木)のニュース