RKB NEWS

福岡空港に「顔認証」ゲート

8月9日(木) 12時09分


入国や出国の際の審査を効率化しようと、福岡空港に「顔認証」の技術を使った自動化ゲートが導入されました。

福岡空港できょうから運用が始まった自動化ゲートは、機械の前に立ってパスポートをかざすと、カメラが利用者の顔を撮影。

パスポートの写真と照らし合わせて同じ人物か確認します。

問題が無ければ8秒ほどでゲートが開き、審査官からスタンプを押してもらう必要もありません。

こうした顔認証の技術を使ったゲートの導入は、東京や大阪などに続いて、国内の空港では5番目です。

事前の登録は必要なく、福岡空港では、きょうから運用されている入国審査場に加え、早ければ今年11月に出国の際も利用できるようになります。

法務省は、日本人に自動ゲートの利用を促して増加する外国人の審査に職員を振り分けたい考えです。

2018年8月9日(木)のニュース