西南学院プレゼンツ お話アカデミー 舞台裏ing

「お話アカデミー朗読会」

【2013年3月9日】

写真
RKBアナウンサー(櫻井浩二・田中みずき・茅野正昌・龍山康朗)による『笛吹きイワーヌシカ』。
西南学院大学チャペルが照明・音響の演出により、普段とはまた違う素敵な雰囲気になりました。

「西南学院プレゼンツRKBお話アカデミー」3年目の今回は、初の九州・沖縄・山口大会となりました。福岡・佐賀地区ではフィナーレの「お話アカデミー朗読会」を3月9日に行いました。

写真 星野紘毅君は、1年生ながら堂々とソロを勤めました。
子どもらしい元気さと、正確な読み、ゆたかな感情表現でお客様を魅了しました。
星野紘毅くん。
『ぼくはかぜのこ』

一方、5年生の野中瑠華さんは、この朗読会ではもう、おなじみといっていい存在です。「オトナっぽくなったね!」「彼女は本当に上手いね」と感心する声がたくさん、聴かれました。

また、二人のアカデミーキッズは、アナウンサーとの朗読の共演も果たしました。(内田麟太郎「ともだちや」)『ともだちは要りませんか~?』と森の中、大きな声で呼びかける紘毅君にお客様は皆微笑み、ナレーションを勤めた瑠華さんは終始、彼をリードする見事な役割でした。

この二人の活躍はもちろんですが、実は九州・沖縄・山口地区の1724名の子ども達が、「やってみよう」と応募して、お父さん、お母さんと一緒に一生懸命練習して、審査に臨んでくれたプロセスが何よりも素晴らしいと思います。
写真
野中瑠華さん。
彼女の朗読を聴いていると、作品が映像で浮かんでくるようです。
(『だいじょうぶだいじょうぶ』)
写真 写真
パイプオルガンの説明をする安積先生。
今回も圧倒的なパフォーマンスでした。
今回の総合司会は服部アナ。
朗読会への想いが溢れる暖かな名調子です。

また、毎度のことですが、西南学院大学チャペルという素晴らしい舞台で朗読するRKBアナウンサー達は、子ども達を指導すると共に「読みのプロ」としてのパフォーマンスを披露するために今日まで全力で調整を続けてきました。
派手な演出などなにもない、『朗読』の世界。
会場の皆様は作品ごとに泣き、笑い、楽しんでくださったように思います。

西南学院とRKB毎日放送がコラボレーションで行っているこの「お話アカデミー」。丁寧に確実に、成長させていきたいものです。

写真
安田瑞代アナ『ちいさなあなたへ』。わが子を思う母親。
そしてその子がまた母となり・・・たくさんの愛情が詰まった作品でした。

「西南学院プレゼンツお話アカデミー九州・沖縄・山口大会」。
ほんとうにたくさんの方にご参加いただきありがとうございました。
このプロジェクトは来年も開催する予定です。
春からRKBラジオやホームページで発信していきますので、どうかご覧ください!
☆ Special Thanks☆
昨年の夏からこの日まで、裏方として一生懸命このプロジェクトを支えてくれた、西南学院大学の学生スタッフのみなさん。
そして当日の朗読会で、これらの素敵な写真を撮影してご提供くださいました、カメラマンの中村剛さんと小島康史さん、本当にありがとうございました!


「お話アカデミー・キッズ」順調な仕上がりで最終レッスン^^

【2013年3月5日】

いよいよ今週土曜日が本番です!お話アカデミーキッズ野中瑠華さんと星野紘毅君の二人の仕上がりはどうでしょうか。

写真 写真
野中瑠華さん。
田中みずきアナに指導してもらって、ますます力が入りますね^^
星野紘毅くん。
元気イッパイの一年生は、作品に入り込むと、この表情!

今日も1年生の紘毅君の可愛らしさにスタジオ中が和みます。可愛らしい上に、本当に上手なんです^^。
櫻井アナも感心していましたが、教えてもらったことをすぐ自分のものにできるんです。
いっぽう瑠華さんは、我々スタッフが聴き惚れてしまうほど、大人顔負けの読みです。
スタッフの中にも、彼女の朗読を楽しみにしている人がいるみたいですよ!

写真 写真
アナウンサーとの呼吸もバッチリ!
※龍山アナの森のクマさんがユーモラスで、
紘毅くんも瑠華ちゃんも楽しそうです♪
『ここの音をかえてみましょうか?』音響効果の行本さんも入って、
繰り返し作品の精度をあげていきます。

そんな感じで楽しいレッスンが続きます。驚くほど順調な仕上がりの二人。本番が本当に楽しみです。のびのびと力を発揮できますように!

写真
出番の合間に余裕をみせる?二人。
二人の間に流れる、きょうだいのような雰囲気が微笑ましいです^^

【西南学院プレゼンツ・お話アカデミー朗読会】
平成25年3月9日(土)午後2時~4時(予定)
西南学院大学チャペルで行います。
たくさんのご応募ありがとうございました。当選者には招待状を発送いたしました。
なお、当日お席に空きがでることがございます。
開演時間直前に空きがあれば、招待状がない方でもご案内をいたします。


「お話アカデミー・キッズ」レッスン中!

【2013年2月19日】

3月9日(土)の「お話アカデミー朗読会」にむけて、アカデミーキッズ野中瑠華さんと星野紘毅君の二人が猛練習中です。今日はRKBアナウンサーとの合同レッスンで、RKBラジオ「Dスタジオ」にやってきました。

写真 写真
(手前左から)星野君、櫻井アナ
(奥左から)野中さん、安田アナ、茅野アナ
星野君と櫻井アナ。
小学校1年生らしい元気の良さに、技術が伴っています。
写真 写真
野中瑠華さん。
スタジオに入っての練習も堂々としたものです^^
星野君と野中さんを中心に、なごやかな感じでレッスンは進みます^^

いつも繰り返しになりますが、福岡・佐賀地区の1233名の応募の中から選ばれ、さらに「九州・沖縄・山口大会」でファイナリストになったこの二人の実力は相当のもののようです。
1年生の星野君の元気いっぱいの読みには、思わずスタジオ中の雰囲気が緩み^^ます。
いっぽう、2度目のアカデミー・キッズになった野中さんは、星野君を見守りつつ、自分もしっかり練習するお姉さんのようです。 本番まであと二週間余り。指導に当たっている安田アナ、櫻井アナ、田中みずきアナも安心して聴いていられたようですが・・・でも!800人ものお客様を前に力を発揮できますように。。。頑張れ、アカデミー・キッズの二人!

【西南学院プレゼンツ・お話アカデミー朗読会】
平成25年3月9日(土)午後2時~4時(予定)
西南学院大学チャペルで行います。
応募と詳しい内容は、RKBのホームページをご覧ください。
ご希望の方800名をご招待いたします。(応募多数の場合は抽選となります)
>>応募はこちら<<

写真 写真
(昨年の朗読会の模様)パイプオルガンの生演奏や、音響・照明による演出の中
話題作・名作文学や詩、童話をじっくりと聴いていただきました。

《番外編》
ついに生放送!西南学院大学学生スタッフのラジオ番組企画~

【2013年2月16日】

写真 写真
本番前、柴田プロデューサーから入念なチェック 安田アナウンサーも見守る中、
やはり(?)リラックスしている学生スタッフ

2月16日(土)RKBラジオAスタジオより、西南学院大学の学生スタッフ有志2チーム、6名による生放送をしました。
番組は土曜日の晩、ちょっぴりオトナ向け^^:の番組『イケイケ!ラジオシティ!』です!
そんな番組のテイストを変えずに、いかにスムースに学生達の企画を組み入れるかは柴田プロデューサーが苦労したところです。

チームAは、「人に薦めたい本のプレゼン合戦」ビブリオバトル企画ですが、今日は「絵本」を題材に、学生スタッフ成松さんが『ワンプのほし』、フリーアナウンサーの田尻敏明さんが『うどんのうーやん』で対決です^^。
成松さんは、本番直前田尻さんに「逆レクチャー(!)」するなどでスタジオの笑いを誘います。
3年生の五領さんがルール説明とMCを完璧に勤め、学生スタッフ余裕のスタート。

同じく3年生の成松さんは、この「ビブリオバトル」で全国大会出場の経験をもつ強豪です。プレゼンテーションにはひとひねりもふたひねりもあり、スタジオ中が感心。対する田尻さんは「さすがはプロ!」の朗読を挟み、時間(今日は2分間)も寸分の狂いも無い完璧な仕上がり。
※『田尻さんは学生相手に本気を出した!』とヤジも飛ぶ中、終了後のリスナー投票の結果は、見事学生スタッフ成松さんの勝利となりました^^;
写真

チームA本番。(成松さん・五領さん)
※スタジオサブに堂園さん

写真

チームB本番。(野副さん・上保さん・加藤さん)

一方「屋台」をテーマに、131人の学生にアンケート、さらに実際の屋台で取材活動をしたチームBは、三人とも終始笑顔で、軽快そのもののノリとツッコミ、絶妙なガヤも入り、パーソナリティ西田たかのり・しらいえこさんの二人も感心することしきりです。彼女達はこの取材を通して「屋台の深イイ話」「就活で成功した人」などの実話を聞いたり、親しみやすさや美味しさを体験して、以前感じていた「不安」や「恐そう」などのマイナスイメージは払拭されたようです。屋台は常連というしらいさんも、『みんなのリポートを聴いていて、今晩も屋台に行きたくなったよ!』『西南学院って、いい学校だね~』と思わず感想を漏らす内容でした。
若い学生スタッフが企画・出演するとラジオ番組はこんな内容になるのか!と、今日まで指導してくれた柴田プロデューサーはじめスタジオ中が新鮮な驚きを感じ、大盛り上がりの放送でした。結局2チームで合計30分近い堂々のオンエアとなり、西田・しらい両パーソナリティの協力もあって、さながら番組は「西南学院一色」の雰囲気となりました。

《番外編》
西南学院大学学生スタッフ、屋台での取材活動etc
【第3回ワークショップ】

【2013年2月1日】 学生スタッフのワークショップ活動「ラジオ番組の1コーナー制作」の第3回目です。
今日はみんなで外に出て『課外活動(?)』です。

写真 写真
遊んでいるんじゃありません^^れっきとした“取材”です!
(天神の屋台『まみちゃん』さんにて。でも、楽しかったです^^もちろん食べ物も相当美味しかった)
マイクをもっているのがRKBラジオリポーターの加藤淳也さん。

今日はまず、RKB放送会館2Fのスタジオで、番組中に必要なコメントのナレーション録りを体験しました。(チームA=成松さん、五領さん)
このチームは、『お話アカデミー』のスタッフらしく『本』『読書』に因んだ企画です。
柴田プロデューサーが、両チームの企画がいかに番組に溶け込んだ形で放送できるか、プランを話してくれました。
その後は、チームB(野副さん、上保さん、加藤さん)が実際に屋台での取材を行うために、RKBラジオリポーターの『加藤淳也』さんがチョイスしてくれた天神の屋台『まみちゃん』にお邪魔して、女将さんに質問したり、常連のお客さんと会話したり・・・
初めて行った屋台は、普段経験したことのない世界ですごく楽しかったようです。

写真 写真
(左)スタジオに入ってナレーションを読んでいるのは3年生の五領さん。実はアナウンサー志望で、この読みはもはや素人ではありません!?
(右)柴田プロデューサー。『みんながやってきたことが、ここでこうなって・・・』みんな、やっと番組制作の実感が湧いてきたかな?

【学生スタッフが制作した企画コーナーのオンエア】
2月16日(土)RKBラジオ「イケイケ!ラジオシティ!(18時~20時30分)」内
(詳細な時間と内容は未定)
今回若干ネタバレ^^;しましたが、RKBラジオに新風を吹かせる(?)つもりで
企画した学生スタッフ制作のコーナーをぜひお聴きください!


《番外編》
西南学院大学学生スタッフ、ラジオ番組制作にチャレンジ【第2回】

【2012年12月27日】 学校は今年の日程も終わっている12月27日(木)、学生スタッフのワークショップ活動「ラジオ番組の1コーナー制作」の第2回目です。
講師は引き続き、RKBラジオの柴田プロデューサーです。

写真 写真
両チームの様子。楽しんで企画案にチャレンジしてくれています^^

前回は、参加メンバーが2チームに分かれて、それぞれの「アイディアの卵」をどう、番組コーナーにするか議論しました。
今日は、それをいったん持ち帰って、さらに考えて、コーナーの「進行台本」的なものに仕上げてきた結果の発表です。

写真 写真
考えてきたプランを板書しています。
準備は万端です!
柴田プロデューサーが企画にヒントを与えます。
さすがはラジオ制作20年のプロ!

結果は・・・両チームの企画とも見事!柴田プロデューサーの決定をもらい、RKBラジオで毎週土曜日(18時~20時30分)に放送している「イケイケ!ラジオシティ!」で実際に放送することになりました^^!放送日は2月16日(土)です!
それまでに、必要な原稿を書いたり、たくさんの人に取材をしたり・・・番組のディレクターやリポーターとの打合せなど、まだまだやることがありますが、良い経験にしてくれると思います。どんな放送になるか、お楽しみに!

写真 写真
両チームのプラン。この板書がチームの企画書のようなもので、それぞれに個性があります。
(左)チームA~時間の流れをイメージして、まるでタイムスケジュールのような仕上がりです。
(右)チームB~どんな風にしたいか、気持ちが伝わる手紙のような書き方をしています。

【学生スタッフが制作した企画コーナーのオンエア】
2月16日(土)18時~20時30分
RKBラジオ「イケイケ!ラジオシティ!」内(詳細な時間と内容は未定)


「お話アカデミーキッズのクリスマス」

【2012年12月25日】 今日はクリスマス。「九州・沖縄・山口大会」が終わってまだ一月も経っていませんが・・・「お話アカデミー・キッズ」は初仕事に出動です!
というのも、毎年この時期にRKBアナウンサーが行っている、西新公民館での“クリスマス読み聞かせ会”に出演するからです。

写真 写真
本日のアナウンサー達(宮脇・本庄・茅野)
西新公民館の素敵なクリスマスツリー
写真 写真
大勢の子どもたちの前で朗読するアカデミーキッズ(写真左~星野紘毅君、右~野中瑠華さん)
写真 写真
RKBアナウンサーと一緒にサンタさんも朗読をしています^^(茅野アナ)
じゃんけん大会でプレゼントをゲット!

西新公民館に集まってくださった約100人もの子ども達とお母さん達の前で、「お話アカデミーキッズ」として初めての活動です。
星野君、そして野中さんが、それぞれソロで暗唱と朗読を披露すると、同じ小学生の見事な読みに、みんな目と耳が釘付けです。
こういう形での地域貢献活動を小学生のうちから経験していくこの二人、私たちもとっても素敵なだと思いました。そして二人の可愛いサンタクロースの登場には、RKBアナウンサー達にとってもメリー・クリスマスとなったようです^^


「初の九州・沖縄・山口大会、ついに開催!」
(12月1日(土)西南コミュニティセンター)

【2012年12月1日】 今年から九州・沖縄・山口大会となった「西南学院プレゼンツお話アカデミー」。厳しい審査を通過してきた37名の子どもたちが集まり、公開の審査会を行い、ついに4名の「お話アカデミーキッズ」が誕生しました!
栄えある賞に輝いたのは、

星野 紘毅君・・・福岡市立香椎下原小学校1年(福岡地区)
田口 莉久君・・・天草市立本渡南小学校4年(熊本地区)
野中 瑠華さん・・(福岡地区)
松川 菜月さん・・大村市立富の原小学校5年(長崎地区)

写真 写真
星野紘毅君。1年生らしい元気と、
1年生とは思えない高い技術を持っていました。
田口莉久君。
とってもきれいなハキハキした声の男の子です。
写真 写真
松川菜月さん。安田アナに促され、ステージ中央へ。
姿勢の良い美しい朗読を聴かせてくれました
野中瑠華さん。第1回「ベスト・キッズ・リーダー」でした。
去年のリベンジを果たしました!

そして、僅差でアカデミー・キッズの座は逃したものの「優秀賞」に11名が選ばれました。
九州・沖縄・山口の各放送局のアナウンサー達8人が審査にあたりましたが、議論が白熱してなかなか決まらず、きゅうきょアカデミーキッズも優秀賞も1名ずつ、人数を増やすことになったのです(賞品を用意していなくてすみませんでした)。
それだけ皆さんに実力があって、決めにくかったということなんですね。審査をして限られた人数の枠で決めるのも、とっても難しかったようです。

写真 写真
優秀賞11人がステージ上で勢ぞろいです。
みんな素晴らしくて審査は実はたいへんでした。
(九州・沖縄・山口各局のアナウンサー達)

「お話アカデミーキッズ」「優秀賞」に選ばれた方はもちろん、今回悔し涙を飲んだ子ども達も、ご家庭で練習に励んだ素晴らしい成果を見せてくれました。

また、今回もRKBスタッフと一緒に頑張ってくれたのは、西南学院大学の学生スタッフ達です。いろんな役割を分担して、華やかな舞台を陰で支えているのが彼女達です。
朝早くの準備から審査中の様々な業務、そして後片付けまで。厳しい仕事でしたが笑顔いっぱいで頑張りました。なんと実は、OGの社会人の方もお手伝いに来てくれたんです!

写真 写真
【西南学院大学スタッフの活躍】スナッピーリポートで、私たちの活動をお伝えしました。(左)
審査員8人の採点が出たら、点数をパソコンで打ち込んで・・・こんな大事な仕事もあるんです(右)
写真 写真
【アナウンサーによる朗読】
審査の間に「世界でいちばんやかましい音」(とっても素敵なお話でしたね)と、みなさんの課題作品の朗読を行いました。
【アナウンサー総評】
各局のアナウンサーを代表して、MBC南日本放送の采野アナウンサーから審査のまとめをいただきました。
写真 練習の成果が出せた子、悔し涙を飲んだ子、みんなが頑張り、みんなが素晴らしかったです。
会場にいた保護者の方も、アナウンサー達もスタッフ達も、感動でいっぱいの一日となりました。

「西南学院お話アカデミー」は、これからもまだまだ続いていきます。どうか次回もみんなで一緒に頑張ることができますように。。。
学校の勉強も、朗読も、スポーツも。子ども達がたくさん良い経験をして、充実した学校生活を送られますように、心から願います。
学校法人西南学院のG.W.バークレー院長。「子ども達の頑張り、ご家族の支え・・・素晴らしいデス。」
とっても感動されて、子ども達の暗唱・音読を熱心に聴いておられました。

《番外編》
西南学院大学学生スタッフ、ラジオ番組制作にチャレンジ!!

【2012年11月29日】 お話アカデミー学生スタッフの活動の一環として、RKBと一緒にワークショップ活動を行っておりますが、今回は「ラジオ番組の1コーナー制作」にみんなでチャレンジしています。
講師に迎えたのは、RKBラジオでもう20年も番組制作をしている柴田プロデューサー。
11月29日(木)、第1回を実施しました。。。

写真 写真
(写真左)西南学院職員の方も一緒に。講義の合間を縫って出席した学生スタッフ達。
(写真右)RKBラジオの柴田プロデューサー。冗談を言いながら、番組制作のプロセスを学生スタッフに教えてくれました。
写真 写真
2チームに分かれてプレゼン形式で、自分達の案を発表しました^^両チームとも、今のところなかなか面白くなりそうです。

柴田プロデューサーの話を真剣に聴きながら、みんな臆せず意見を言い合って、自分達で考えた案をどう膨らませれば番組になるか、議論を繰り返しました。
やはりお話アカデミーに参加している学生スタッフ達ですから、メディアについての知識もあり、自分達の言葉でプレゼンテーションすることにも抵抗はないようです。

これから案をさらにブラッシュアップして、今月末に第2回を行う予定です。(本当に放送されるかどうかは、次回決定されるそうです^^)
引き続き、お話アカデミー学生スタッフの活躍にご期待ください!


「九州・沖縄・山口大会への道②」

【2012年11月28日】 「九州・沖縄・山口大会」まであと3日。RKBアナウンサーとの合同レッスンも、今日で最後です。竹半さんと平川さんは今日は来れなかったので、事前に櫻井アナと一緒に最後の練習を終えています。みんな頑張っています。

写真 写真
福岡・佐賀地区最終審査に勝ち抜いたご褒美のレリーフを
安田アナからもらいました!(星野君)
子ども達が頑張っている頃。
外では福岡タワーのイルミネーションが鮮やかです!
写真 写真
小林君。大きな声がよ~く出ています!
当日までに声をからさないようにね!
久留君はお母さんと一緒に、お家でずいぶん練習してきているようです。
(手前は櫻井アナ)

10月28日に福岡・佐賀地区の代表に選ばれてからたったの1ヶ月。
1年生から6年生までの子ども達の間には、目に見えないチームワークのようなものも出来上がっているように見えます。

写真 写真
野中さんは自分なりに異なる2タイプの表現を作って、
安田アナに聴いてもらいました。
いつも元気いっぱいの榊原君。
技術を吸収する力もあります。頑張れ!

写真 今日はとっても寒い夜です。RKBの周りでもクリスマスのイルミネーションがきれいです。。。
土曜日の「お話アカデミー九州・沖縄・山口大会」で実力を発揮して、子ども達が素敵なクリスマスを迎えられますように。
あとは風邪を引かないように気をつけて、今の調子で当日を迎えられたら、きっと結果はついてくるのではないかと思えます。
← 代表で「選手宣誓」をすることになった佐藤君は、
みんなの前で練習です。さすがは佐藤君。
仕上がり、完璧じゃないでしょうか!

「九州・沖縄・山口大会への道①」

【2012年11月13日】 10月28日の「福岡・佐賀地区決勝大会」で選出された8人の子ども達が放課後集まり、来る12月1日の「九州・沖縄・山口大会」へ向けて、RKBアナウンサーとのレッスンがスタートしました!
子ども達は緊張しているかと思いましたが、さすがは1233名から選ばれた精鋭達です。リラックスした態度で、RKBアナウンサー達の指導内容をグングン!吸収しました。

写真 写真
レッスンはリラックスムードの中行われました。
一昨年の「ベスト・キッズ・リーダー」だった野中瑠華さん
(福岡雙葉小5年生)
写真 写真
「ハイ、これをマイクと思ってもう一回!」
(榊原一輝君・多々良小2年生と安田アナ)
いつも楽しい櫻井アナも今日は熱血指導!
(佐藤脩平君・明治学園小6年生)
写真 写真
お家でも一緒に練習しているのでしょう
(竹半彩乃さん・守恒小3年生とお母様)
九州大会の入場行進で宣誓をする子を選ぶくじ引きをしました

課題作品をしっかり読み込んでいるのは当たり前、状況や登場人物の気持ちをイメージして、自分なりの表現の実験をしています。
アナウンサー達と一緒に、「こんな表現がいいかな?」「テンポは?」と、別のアプローチをしてみるスキルも持っています。
それでも細かいところにはまだまだ修正があるようで、安田・櫻井両アナウンサーからもレベルの高い指導が入ります。
まだ小学生ですから、お腹もすいているだろうにな、とこちらが心配になりますが、とっても楽しい充実したレッスンだったことはハッキリわかりました^^


福岡・佐賀地区決勝大会(RKBラジオまつり会場)!

【2012年10月28日】 一次審査、二次審査を通過した精鋭達が集まった福岡・佐賀地区決勝大会を、「第16回RKBラジオまつり」会場の福岡タワーで行いました。今日でついに、1,233名もの応募者の中から、この地区の代表者が決定します。

写真 写真
福岡タワーホールのステージで、ライバル達が見守る中精一杯がんばりました。
写真 写真
審査にあたった安田、坂田、田中みずき各アナ 司会は龍山アナ。「レベルが高いですね~!」
写真 写真
九州大会出場が決まり、「RKBラジオまつり」特設ステージで紹介された8人(写真左)。
ステージ上で朗読を披露したのは、福岡市立香椎下原小1年生の星野紘毅君と、野中瑠華さん(写真右)です。
ステージ前の1000人近い観客を魅了しました(右)

36名の子ども達がライバル達と、保護者の方の前で、これまで練習してきた成果を出し切りました。会場内は決勝大会にふさわしい熱気にあふれ、どの子もさすがのレベルの高さです。審査員のRKBアナウンサー達も、審査の基準がどんどん上がっているのをひしひしと感じて、言葉を選びながらの緊迫した時間が続きます。
・・・そして、ついに!九州・沖縄・山口大会に「福岡・佐賀地区代表」として出場するのは・・・

【九州・沖縄・山口大会出場決定者】
■ 星野紘毅(ほしの こうき)君   福岡市立香椎下原小学校1年生
■ 小林聖空(こばやし きよたか)君   福岡市立百道小学校2年生
■ 榊原一輝(さかきばら ひかる)君   福岡市立多々良小学校2年生
■ 竹半彩乃(たけなか あやの)さん  北九州市立守恒小学校3年生
■ 野中瑠華(のなか るか)さん  
■ 平川小百合(ひらかわ さゆり)さん 北九州市立到津小学校5年生
■ 佐藤脩平(さとう しゅうへい)君   明治学園小学校6年生
■ 久留健太郎(ひさどめ けんたろう)君  福岡市立大原小学校6年生

以上の8名です。おめでとうございます!これから、12月1日(土)に西南学院大学の西南コミュニティセンターで行われる九州・沖縄・山口大会へ向けて、練習がんばってください!残念ながら今回は通過されなかった方も、次の機会にぜひまたチャレンジしてくださいね!


《番外編》西南学院大学学生スタッフ、課外活動にも積極参加^^

【2012年9月8日】 9月8日(土)、大濠公園の能楽堂で、「お話能舞台」というイベントが行われました。
お話アカデミーとは別に、RKBのアナウンサーが朗読会を行っているものです。
このイベントに西南学院学生スタッフ有志が、ボランティアで参加してくれました。

写真 写真
(左)能楽堂を舞台に、アナウンサー達も輝きを増します
(田中みずきアナ)

(右)RKBアナウンサーの大先輩、生野文治さんを迎えて
芥川龍之介の「羅生門」(筑前琵琶:米村旭翔さん)
写真 写真
(左)福岡地区決勝大会出場者がたくさん来てくれました。安田アナよりあらためてご挨拶と説明をしました。
(右)学生時代落語研究会だった龍山アナのひょうきんな司会ぶり^^;(生野さん、米村さん、田中みずきアナと)

今回の朗読会は、能楽堂という素晴らしい舞台が会場です。日本の伝統文化の香りに触れながらアナウンサー達もいつになく気持ちが引き締まっていたようです。
笑いあり、感動ありの「RKBアナウンサー朗読会『お話能舞台』お越しいただいているお客様は、幽玄の世界に浸っておられました。

写真 写真
(左)学生スタッフ有志。
本番終了後は皆さんに紹介されました。

(右)「青色のハガキをお持ちの方はこちらです」
笑顔で誘導しました。

「RKBお話アカデミー(福岡・佐賀大会)」二次審査会開催!

【2012年9月3日】 1,233名もの応募者の中から、一次審査を通過した小学生の精鋭たちが集まり、二次審査を行いました。
8月18日(土)が北九州市の「ウェル戸畑」で162名、8月25日(土)がRKB放送会館で342名の参加です。
子ども達の音読を、アナウンサーが直に見て審査をしましたが、一次審査を通過しただけあって、どの子もさすがの実力です!
多くの方が、作品をしっかり読み込んで、表現の工夫をしているのがわかります。また、毎年参加してくれている子が増えて、お互いを意識しながら音読する姿もありました。アナウンサーからのアドバイスも、良く理解して聴いてくれているようです。 これを通過すると、10月の「RKBラジオまつり会場」での「福岡・佐賀地区決勝大会」に出場となります!
また、この二次審査からは西南学院大学の学生スタッフ15名がイベントスタッフとして参加、がんばって練習してきた子ども達が実力を発揮できるよう、精一杯サポート役に務めてくれました。

【お知らせ】
厳正なる審査の結果、二次審査通過者47名に郵送でお知らせしました。(8月30日)おめでとうございます。
残念ながら今回は通過されなかった方も、次の機会にぜひまたチャレンジしてくださいね!

写真 写真
和やかな中真剣な審査です。 学生スタッフの活躍。番号順に整列させて
「みんな、がんばってね!」
写真 写真
音読教室。櫻井アナ、ノリノリです^^ 審査は初参加の龍山アナ、楽しそう♪です。

お話アカデミー今年も「オールスタッフミーティング」開催!

【2012年8月10日】 8月7日(火)、今回も西南学院大学の学生スタッフ15名を迎えての活動がスタートしました。
2名が前回経験者(1名は3年連続!タノモシイ~)、13名が初めての参加です。
初回なので、こちらからの説明が多くなってしまいましたが、これからきっとたくさんの意見やアイディアをもらって、
RKBスタッフもおおいに刺激を受けると思います。
これから3月の「お話アカデミー朗読会」まで、およそ8か月の間、全ての企画について一緒にがんばっていくことになります!
皆様の応援をよろしくお願いします!

写真 写真
今期学生スタッフのみなさんとRKBスタッフ初顔合わせ。
やっぱりみなさん優秀です^^;
テレビとラジオのスタジオ見学。
その違いを体感したようです。

「RKBお話アカデミー」今年から九州・沖縄・山口大会、
「一次審査会」開催!

【2012年7月25日】 3年目を迎えました「西南学院プレゼンツ・RKBお話アカデミー」。
実は今年から、「九州・沖縄・山口大会」となりました!
そのためでしょうか、福岡・北九州合計1230名もの応募をいただきました^^
今年も、一次は録音による審査を実施。これに通過すると、RKBアナウンサーの前で実際に音読をしていただきます。
審査は、7月15日(日)に西南学院大学の「西南コミュニティセンター」で、7月21日(土)に北九州市の「ウェル戸畑」で、行いました。
福岡会場は609名、北九州会場は275名の小学生が参加して、日頃の練習の成果をみせてくれました。
今、皆さんの努力の成果を、RKBアナウンサーが全員体制で審査をしています。
一次審査に通過された方には、8月上旬に郵送で、二次審査のお知らせをいたします。

写真 写真
受付風景~みんながんばって練習してきました
「いざ録音会場へ~!」(福岡会場)
録音風景~マイクを前に。
「緊張するけど、なんかいい感じ^^」(北九州会場)