アナウンサーの”アナウンサー朗読会”へようこそ!
ここではRKBアナウンサーの朗読会を中心に色んなおはなし会の活動内容をご紹介します。

アナ・ザ・ワールド > アナウンサー朗読会 > 冬休み朗読会
『冬休み朗読会』

(全員写真)紙芝居は大盛り上がり〜☆子ども達と紙芝居を楽しむ龍山アナみんなの干支はどれかな?川添アナの一人朗読♪今回の桃太郎は一味違うよ!
日時 : 2011年12月27日(火)
開演 : 10時半
会場 : 西新公民館

年の暮れ27日に民間放送教育協会とRKBで「冬休み朗読会」を開催しました!!
小学生のお子さんを中心にその保護者の方々も含めて
80人近くに集まってもらいましたよ。
出演アナウンサーは、龍山康朗、川添麻美、宮脇憲一の3人です。

まずは川添アナ、宮脇アナによる「わくわく・冬のまき」の紙芝居の朗読です。
子ども達とかけ合いをしながら、寒がりの雪だるまの可愛い話を紹介しました。
雪だるまが体を温めるために熱いお茶を飲むシーンでは、
「溶ける〜!!」「お腹なくなる〜!!」
というツッコミがあちらこちらから飛んでましたよ。

次に川添アナによる「十二支のお節料理」。
十二支に登場する動物達にはそれぞれ年末年始に役割があるという話で、
子ども達は自分の生まれ年の干支にはどんな役割があるのか
集中して聞いてくれました!
初めて話を聞いたお父さん、お母さんも多かったようで、
朗読を聴きながら大きくうなずいてくださっていました☆

そして最後の作品は、全員による「桃太郎」。
しかし、ただの桃太郎ではありません。
なんと!桃太郎が怠け者なのです…

この話、実は岡山県では実際に伝わっている話なのですが、
いつもと勝手が違う桃太郎に会場からは笑いが絶えませんでした♪

朗読の後は龍山アナウンサーによる実験教室!
熱湯を入れたペットボトルの上にプロペラを立て、
熱湯が生み出す上昇気流によってプロペラを回すという実験です。
それぞれの学年の代表の子に前に出てきてもらい、作ってもらいました。
みんな真剣そのものの表情…

結果は見事に全員成功!!
身近に起こる理科の世界にどっぷり浸かってもらいました♪

お子さんのパワーってすごいですね〜!!
終わった後の我々は全員ヘトヘト…
ただ、とても充実した時間を過ごさせていただきました☆

皆さん!2012年の年末もまた一緒に過ごしましょう!!

(朗読作品)
十二支のお節料理 川端誠 BL出版
わくわく・冬のまき やべみつのり(脚本、画) 童心社
日本の民話 大川悦生(著) 桃太郎(寝太郎型)




実験中はみんな一生懸命

実験を見ている子ども達も真剣そのもの


CLOSE