アナウンサーの”おはなし広場”へようこそ!
ここではRKBアナウンサーの朗読会を中心に色んなおはなし会の活動内容をご紹介します。

アナザワールド > おはなし広場
RKBアナウンサー朗読会「お話能舞台」

RKBアナウンサー朗読会「お話能舞台」
9月6日(土)
大濠公園能楽堂


※画像をクリックすると拡大されます。


厳かで格調高い能舞台、今年も着物の「蝶屋」様にご協力を頂いた衣装、そして作品を際立たせる音響、音効、照明の技術チームのサポートにより、素晴らしい環境を整えていただき、我々RKBアナウンサーはじっくり作品と向き合い、朗読することが出来ました。

今回の朗読会は2部構成になっていて、前半は「運命の石」でスタート。
これは沙石集に収められた昔話で、坂田アナウンサーの巧みな朗読により、能舞台が作り出す異空間へとお客さんを誘いました。
続いて「おおきな木」。
"木"と"少年"のやり取りに深く考えさせられた人も多かったのでは…。

そして「こそだてゆうれい」を武田アナウンサーが朗読。
怪談ではあるのですが、母の愛の深さにジーンと胸を打つ作品。
一児の母でもある武田アナウンサーの母性が発揮されました。

ここで狂言作品をわかりやすく絵本にした「ぶす」を朗読。
坂田アナウンサーと福田アナウンサーの台詞のやり取りや動きに場内は爆笑。
アドリブまで飛び出し、二人もノリノリでした(笑)

前半の締めくくりは「わすれられないおくりもの」。
人の生き方を前向きにさせてくれる作品を池尻アナウンサーが朗読しました。


15分間の休憩を挟み、後半がスタート。

宮沢賢治の傑作「よだかの星」を出演者全員で朗読。
よだかの生き様を描いた重厚な物語の世界に、お客さんも引き込まれていました。

「世界は一冊の本」という詩で、締めくくり。
「本を読もう。もっともっと本を読もう。」というメッセージを、会場に投げかけて、朗読会は幕を下ろしました。


およそ90分の舞台を終え、お客さんから頂いたアンケートには、沢山の温かい言葉が綴られていました。
直にお客さんの反応が返ってくるイベントはとても刺激になり、大きな達成感を得られます。
これを励みに、今後の朗読活動に繋げていきたいと思います。

最後になりましたが、グラウンドワークボランティアスタッフの皆様、西南学院大学お話アカデミー学生スタッフの皆様にも運営等にご協力いただき、感謝しております。
そして、盲導犬募金にご協力いただいた皆様ありがとうございました。


【お話能舞台 演目】
作品 作者 朗読
1.『運命の石』~沙石集より~ 阿刀田 高 坂田周大アナ
2.『おおきな木』 シェル・シルヴァスタイン 作
村上春樹 訳 あすなろ書房
田畑竜介アナ、池尻和佳子アナ、福田典子アナ
3.『こそだてゆうれい』 武田早絵アナ
4.『ぶす』 もとしたいづみ 文 坂田周大アナ、田畑竜介アナ、福田典子アナ
5.『わすれられない おくりもの』 スーザン・バーレイ 作
小川 仁央 訳 評論社
池尻和佳子アナ
6.『よだかの星』 宮沢賢治 作 坂田周大アナ、田畑竜介アナ、池尻和佳子アナ、武田早絵アナ、福田典子アナ
7.『世界は一冊の本』 長田弘 作 坂田周大アナ、田畑竜介アナ、池尻和佳子アナ、武田早絵アナ、福田典子アナ
CLOSE