アナウンサーの”アナウンサー朗読会”へようこそ!
ここではRKBアナウンサーの朗読会を中心に色んなおはなし会の活動内容をご紹介します。

アナザワールド > アナウンサー朗読会 > お話キャラバン

『お話キャラバン』

「お話キャラバン」始めました
今年度から、社団法人「鶴陽会」と協力して、エリアの小中学校をRKBアナウンサーが直接、お邪魔して、
数々の名作の朗読や朗読教室をする「お話キャラバン」をスタートさせました。
社団法人「鶴陽会」とは、福岡師範学校や福岡学芸大学、現在の福岡教育大学の卒業生で構成され、
文化芸術分野で現場の教師を支え、学校現場に貢献しようという様々な活動を行っています。


第5回 6月16日(火) 久留米市立田主丸小学校

6月16日(水)、5回目を迎えたお話キャラバンは、久留米市立田主丸小学校に伺いました。
創立は1873年、今年で142年を迎えた歴史のある学校です。

久留米市の田主丸と言えば、河童の里として知られています。
町のあちらこちらで河童像や河童にちなんだものに出会うことができます。

さて、今回お邪魔したのは本庄アナウンサーと三好アナウンサー。
田主丸小学校では、上級生が下級生に朗読をして本の素晴らしさを伝える活動をしているとあって
みんな本が大好きでした。
お話キャラバンは、子供たちの元気なあいさつで幕を開け、
まずはアフリカの昔話絵本の「ダチョウのくびはなぜながい?」を朗読。
ダチョウやワニ、ウミウシ、ゾウなどたくさんの動物が繰り広げるコミカルな物語に 子供たちは大笑いでした。

自己紹介

 続いて、沖縄出身の三好アナウンサーが沖縄民話の「りゅうになりそこねたハブ」を朗読。
貧乏者の青年カナーとハブとのやりとりを通して“ウソをつくことはいけない”事を表現している 作品に子供たちも夢中になって聞き入っていました。

朗読 全員で発声練習

2本の朗読が終わったところで、子供たちも一緒に発声練習。
口の開き方に注意しながらお腹の底から声を出す練習や早口言葉に挑戦し、
体育館には子供たちの元気いっぱいの声が響き渡りました。
本庄アナウンサーと三好アナウンサーもあまりの声の大きさに圧倒されるほど・・・・(笑)

子供たちと早口言葉  
そして最後の朗読作品は「うみをあげるよ」
この絵本は、主人公のワタルくんの大事なバスタオルが、風に飛ばされ、お母さんといっしょに森へ捜しにゆくと、二匹のカエルが、青いバスタオルを海だと思って遊んでいる様子を描いたもの。
短い時間でしたが元気いっぱいの田主丸小学校の子供たちと交流を深めることができ 楽しいお話キャラバンとなりました。


第4回 2015年6月13日(土) 大牟田市立白光中学校

6月13日、お話キャラバン4回目は、大牟田市立白光中学校に伺いました。
元気な生徒がたくさんいる学校です。
中でも、生徒だけで構成された「HAKKOクッキー社」という会社の存在が印象的で
す。
この会社、社長も生徒が務め、
さらに、販売促進課、商品開発課の部署もあります。
地域の福祉施設で手作りのクッキーを売り、
その収益は東日本大震災の義援金として送っているということです。

そんなエネルギッシュな活動もしている学校にお邪魔したのは、
宮脇憲一アナウンサーと壽老麻衣アナウンサー。

まず、古典落語の初天神を朗読。
コミカルな掛け合いを、生徒達は楽しそうに聞いていました。
そして、「天の町やなぎ通り」を朗読。
切なくも温かい、心がほっこりするお話です。

そして、朗読の後は、生徒の皆からの質問に答える時間でした。
「早口言葉を聞かせてください!」というリクエストに、
宮脇アナウンサーが即興で披露。
会場からは拍手がわき起こりました。
生徒からの質問タイム
朗読会の後は、生徒や先生にインタビューもさせて頂きました。
生徒にインタビュー 記念写真
なお、この日のお話キャラバンの模様は6月27日(土)の「おしゃべり本棚」
(毎週土曜日 午後5時20分から放送)の中で、壽老アナが「お話キャラバン通信」として放送。

第3回 9月24日(水) 八女市立長峰小学校

9月24日(水)、お話キャラバン3回目は、八女市立長峰小学校に伺いました。
創立は明治時代という歴史ある小学校です。

長峰小学校では、月に1回、クラス単位でボランティアの方による読み聞かせを行っています。
また9月には、読書の秋に因み、「図書館まつり」と題して、全校生徒を対象に大々的な読み聞かせを行うなど、朗読に積極的に取り組んでいます。
今回はその「図書館まつり」の一環で、我々RKBアナウンサーが伺って、朗読を行いました。

今回お邪魔したのは、田畑アナウンサーと福田アナウンサー。
まずは狂言作品を絵本にして分かりやすくした「ぶす」を朗読。
家来ふたりのコミカルなやり取りに、場内は大笑い。
体育館に子供達の笑い声がこだましました。
   

続いて、「おじいちゃんがおばけになったわけ」を朗読。
孫のエリックと、おばけになったおじいちゃんのやり取りにクスクス笑いながらも、クライマックスの展開には静かに聞き入ってくれました。
 

最後は、声の出し方の基本、腹式呼吸を教え、発声練習をしました。
全校生徒403人が一斉に「あーっ!」と声を出すと、その元気の良さに圧倒されました。

なお、この日のお話キャラバンの模様は10月18日(土)の「おしゃべり本棚」(毎週土曜日 午後5時20分から放送)の中で、茅野アナが「お話キャラバン通信」として放送。

第2回 6月13日(金) うきは市立小塩小学校

6月13日(金)、2回目のお話キャラバンは「うきは市立小塩小学校」にお邪魔しました。1874年創立の歴史ある学校です。

ホタルの里でもある小塩地区。緑に囲まれた自然豊かな場所です。
全校生徒は21人。少ないけれど、その分1年生から6年生までみんな仲良く、昼休みの校庭では一輪車を乗りこなそうと笑顔で頑張っていました。

今回お邪魔したのは、桜井浩二、田中みずき、壽老麻衣アナウンサー。
まずはアナウンサーが「おいしいいちにち」「どろぼうがっこう」を朗読。
特に「どろぼうがっこう」では、ユニークな展開に子供達も大笑い!登場人物の台詞に一緒に参加してくれる子供もいました。
 
壽老麻衣アナウンサー 桜井浩二アナウンサー

そのあと二学年ごとに別れての朗読教室。
練習後、全員の前で各学年の代表が朗読を発表することになっているので、みんな積極的に練習!

「、。に気をつけて・・・」音読教室のアドバイスを念頭に発表。緊張気味でしたが、練習の成果を存分に発揮してくれました。

佐々木信子校長先生も、子供達の真剣なまなざしと活き活きした表情に感心しきりで、今回の朗読会の意義を大いに評価してくださいました。

全員集合 田中みずきアナウンサーと佐々木校長先生

なお、この模様は、7月5日(土)RKBラジオ「おしゃべり本棚」(毎週土曜日 午後5時20分から放送)の中で、福田典子アナが「お話キャラバン通信」として放送。

次回は、9月24日(水)八女市立長峰小学校に行く予定です。
みなさん、待っていてくださいね。

第1回 4月25日(金) 大牟田市立甘木中学校

記念すべき1回目にお邪魔した学校は、大牟田市立甘木中学校。
4月25日(金)に田中友英、田中みずきアナウンサーが訪れました。
大牟田市の北部に位置する甘木中学校は、昭和23年に創立。
「スマイル甘木中学」を合い言葉に、県大会に出場するハンドボール部などのクラブ活動を始め、朝の読書活動など積極的に様々な取り組みが行われています。
 
熱演する田中友英アナ&田中みずきアナ 朗読教室

全校生徒約390人を前に、田中友英アナウンサーが、生と死をテーマにした、ミュリエル・マンゴーの「黒グルミのからのなかに」をそして、田中みずきアナウンサーは芥川龍之介の名作「蜘蛛の糸」を朗読しました。

そのあと、朗読教室や質問コーナーなど、およそ50分間に渡って、楽しい時間を過ごしました。

甘木中学の生徒さんと記念撮影 インタビューの様子

なお、この模様は、5月31日(土)RKBラジオ「おしゃべり本棚」(毎週土曜日 午後5時20分から放送)の中で、本庄麻里子アナが「お話キャラバン通信」として放送しました。

甘木中学から届いた感想文や絵

次回は、6月13日(金)うきは市立小塩小学校に行く予定です。
みなさん、待っていてくださいね。

CLOSE