RKB毎日放送株式会社

採用情報

RKB毎日放送 放送会館(本社)

伝統を受け継ぎ、時代の先端を走り続ける

RKB毎日放送は、全国で4番目、九州では初の民間放送局として1951年に開局しました。
以来、テレビ・ラジオ兼営局として、地域の情報・文化をリードする役割を担い続けています。 博多湾を望む「シーサイドももち」にある放送会館(本社)は、地上8階、地下1階。延床面積は約2万5,400平方メートルで、2つのテレビスタジオにニューススタジオ、4つのラジオスタジオなどを備えています。200人余りの社員のほかに、制作協力会社や、テナント企業の関係者ら、常時600人ほどが出入りしています。

テレビスタジオ

RKBは広さ405平方メートルを誇る西日本屈指のテレビ専用スタジオを備えています。この大きなスタジオを活かして、セットを組み込み、全国に発信する番組の制作などを行っています。

ラジオスタジオ

全面ガラス張りでロビーに面したスタジオでは、毎日生放送を行っています。設置されている集音マイクを通して、パーソナリティーとリスナーが直接やりとりすることも。この近さがRKBラジオならでは、です。

中継車

RKBには大小4つの中継車があります。災害報道はもちろん、スポーツの中継など状況に応じて多方面で活躍しています。別府大分毎日マラソンなど、長年にわたって”走りモノ”を全国ネットで多く手がけてきたこともあり、JNN系列で数台しかないマラソン中継車もあります。

ヘリコプター

RKBは報道用の専用ヘリコプターを運行しています。福岡・佐賀エリアだけでなく、九州一円をカバーしています。カメラマンとともに記者やアナウンサーが乗り込み、上空から現場を見渡しながらリポートを行うこともあります。

放送センター

放送事業の心臓部。ラジオとテレビの放送を統合して管理しています。マスター(主調整室)を中心に、回線センター、バンクシステム等々の最新鋭の機能を備えています。

社員食堂

3階にある社員食堂。うどんやそば、カレーライスなどの定番メニューのほか、毎日内容が変わる日替定食が提供されています。さらに、小腹が空いたときにうれしいお菓子や飲み物も販売されていて、毎日多くの人が利用しています。

診療所

良い仕事をするためには、何と言っても体が資本。定期的に産業医の先生が来社し、診察をしてくれるほか、看護師が常駐しているので、急な体調不良時にも安心です。また、メンタルヘルスへの対応も行っています。

ヘルスキーパールーム

「肩が凝った」「腰が痛い」…疲れで仕事の能率が落ちてしまうときには、鍼灸師の資格を持つスタッフによる、施術を受けられます。30分間の施術でリフレッシュ!

支社・支局

東京支社

中央区東銀座という利便性の高い場所に東京支社はあります。ナショナルクライアントを相手にセールスを行う営業部門に加え、系列局と番組をやりとりする編成部門、さらにはラジオスタジオを備えたラジオ部門が設けられていて、常時20人以上の社員が働いています。

大阪支社

関東に次ぐ大都市圏・大阪府にも支社があります。ナショナルクライアント相手にセールスを行う営業系の社員が10人ほど所属しています。大阪の大動脈・御堂筋線沿いにある便利の良い立地で、所属した社員は皆、関西での生活を満喫しています。

北九州支社

福岡県のもう一つの政令指定都市・北九州市にも支社を構えています。毎日新聞西部会館の一角にあり、市役所や小倉駅にも近く、便利の良い立地です。こちらは、営業部門のほか、事件・事故の取材に当たる報道部門も社員が常駐し、エリアの発展に貢献しています。

ソウル支局

お隣韓国・ソウルにあるJNNの支局に、RKBからは、報道部員が1人駐在しています。韓国や北朝鮮で何かあった場合は、RKBだけではなく、JNN系列の代表として、取材はもちろんのこと、全国ネットの中継も数多くこなしています。

バンコク支局

発展めざましい東南アジア、その中でも日本の企業が多く進出しているタイの首都・バンコクに支局を構えています。ソウルと違うのは、支局長として駐在しているということ。カバーエリアは広く、場合によっては中東エリアまで取材に行くこともあります。

本社周辺環境

福岡タワー

(福岡でも随一のランドマーク)

RKBの隣にそびえ立つ、234メートルのタワーです。8000枚ものハーフミラーで覆われていて、地上123メートルにある最上階の展望室からは、福岡の街並みや博多湾などの景色を360度の大パノラマで一望できます。夜には、季節毎に様々な模様にライトアップされ、写真撮影に訪れる人も多い場所です。

ヤフオクドーム

(ソフトバンクホークスの本拠地)

福岡でプロスポーツといえば、何と言ってもソフトバンクホークス!シーズン中、試合がある日は、百道浜一帯が多くの人で賑わいます。RKBからは徒歩で10分程度。仕事が終わってから野球観戦に行く人もいますよ。

百道浜・マリゾン

(海風を浴びて…)

博多湾に突き出た桟橋脇にはおしゃれな店が建ち並びます。夏場は、多くの海水浴客が訪れるほか、桟橋の奥には結婚式場も。会社の打ち上げなどでマリゾンのレストランを利用することもよくあります。また、2017年には、夏に花火ファンタジアというイベントも行われるなど、賑わっています。

福岡市について

常に住みたい町ランキングの上位に位置し、九州では唯一、人口が増加傾向にある福岡市。関東・関西ほど都市の規模はありませんが、住めば都、基本的には何でもそろいます。さらに魅力的なのがグルメの豊富さ。全国的に知られている豚骨ラーメンはもちろんのこと、魚介類も新鮮!安くて美味しいものがたくさんあります。