7月22日放送(RBCは7月27日放送)
“てつおじさん”再起!海外で行列〜Do you know ジャパニーズチーズケーキ?〜

1991年、福岡・親不孝通りで誕生した「てつおじさんのチーズケーキ」。ふわふわ食感のスフレケーキは若者を中心に人気となり全国展開。しかし…今は福岡に4店舗あるのみ。「昔人気だったケーキ屋」というのが世間のイメージだが…実は現在、海外で大ブレイク!カナダ、オーストラリアなど15カ国で行列をつくるほどに。スフレタイプのチーズケーキは「ジャパニーズチーズケーキ」と呼ばれ海外では珍しい存在なのだ。

 




7月15日放送(RBCは7月20日放送) 沖縄ラーメン、中国デビュー!
それまで麺と言えば豚とカツオだしの透き通ったスープの“沖縄そば”だった沖縄。そこへ18年前、ラーメン旋風をおこした「琉球新麺 通堂」。白濁の豚骨スープの“おとこ味”に、鶏のガラやもみじを使ったうま塩の“おんな味”の通堂ラーメンは沖縄にラーメン文化をもたらし、今では沖縄そば屋に次いでラーメン屋はなじみのものとなった。「琉球新麺 通堂」は、最近ではアジアからのインバウンドにも人気で特に2017年秋に進出した台湾からのお客さんで連日大盛況だ。そんな中、通堂ラーメンの知名度が決して高いとはいえない中国は浙江省杭州に今年進出する。中国は今、都心を中心に徐々に日本のラーメン熱が高くなっている。ところが進出するにあたり、様々な壁にぶち当たる。味の要、沖縄の塩が輸入できない上に日本の醤油もNG。豚も中国内では大きさにばらつきがあるためスペイン産の豚肉を使うことになった。味に試行錯誤しながら杭州で事前に何度も行なわれた試食会では参加者から厳しい意見も飛び出した。“郷に入れば郷に従え”自問自答する代表の金城良次さん(58)。1杯に心を込め、お客さんに満足してもらえるラーメンとは果たしてどうあるべきなのか?


■取材先
会社名:琉球新麺 通堂
担当者:金城 良次
住所:那覇市金城5-4-6(小禄本店)
電話:098-857-5577
HP:http://www.ryoji-family.co.jp/ryukyushinmen_tondo.html