9月25日放送(RBCは9月30日放送)
別府温泉に湯けむり発電あり

温泉の湧出量と源泉数が日本一の大分県別府市。 しかし、温泉の90%は使われることなく捨てられている。 そこで、温泉の蒸気と熱水の力を同時に利用して、 発電に成功した大分市のターボブレードの林正基社長(58)。 「湯けむり発電」は別府市で実用機が去年稼働した。国内外から注目される中、台湾から「湯けむり発電」を 設計して欲しいと依頼があり現地で実験が始まった。 大分発の温泉の力を利用した技術が世界に打ってでた!




9月18日放送(RBCは9月23日放送)
石で冷暖房!?みんなに優しい“光冷暖”
住宅や小学校の教室。さらには卓球場やバスの待合所まで。 すでに830か所以上に導入されているのが、石を利用する新しい冷暖房システム『光冷暖』だ。 風で冷気や暖気を送る従来のエアコンとは違い、 『光冷暖』は遠赤外線で熱を天井と壁に伝えて温度をコントロールする。 消費電力はエアコンの半分以下になるという省エネの性能が評価され、「環境大臣賞」を受賞した。 大学が行った実験では、エアコンに比べて『光冷暖』は快適だと実証された。 岩盤浴の技術を応用して生まれた光冷暖。ただ、決して平坦な道のりではなかった。 当初は「13年間売り上げゼロ」。その苦境の中でも可能性を信じ続けたのが、 光冷暖を開発した株式会社KFTの二枝崇治社長(56)だ。 K(九州)F(福岡)T(テクノロジー)という社名が示すように、 九州発の技術を使って世界を目指している。いまタイ・バンコクに全室『光冷暖』が入るホテルを建設中だ。 これを皮切りに、世界へ羽ばたこうとしている。さらに、2020年の東京を次の舞台に見据えた挑戦も始まった。

<取材先データ>
会社名:KFT株式会社
住所:〒812-0025 福岡市博多区店屋町6-6 ハーベストビル2F
電話:092-281-1200
FAX:092-282-8166
HP:http://www.a-hikari.com/personal/
Facebook:https://www.facebook.com/hikarireidan.annygroup/