1月22日放送(RBCは1月27日放送)
人生を豊かに!不思議な音パネル

福岡市のオーラルソニック。ここのパネルは反射音のコントロールにより、遮音だけでなく調音効果がある。実際、難聴が改善するケースもある。2012年のアメリカのアカデミー賞授賞式では即決で採用が決まった。熊本地震の避難所では音に敏感で人が密集している状況が苦痛となる発達障害の人がこのパネルで落ち着きをとりもどすことができた。経済産業省実施のクールジャパン・ビジネスマッチング2014でグランプリも受賞した。




1月15日放送(RBCは1月20日放送)
ブドウでつかめ!USAドリーム
西日本有数のブドウの産地、大分県宇佐市安心院町で、 2002年設立された(株)ドリームファーマーズ。作っているのは「ドライフルーツ」だ。 宮田宗武社長(41)ら3人の創業メンバーは、全員農家。強みは何と言っても「素材」だ。 果物のプロが丹精込めて栽培した高品質のブドウを使用。試行錯誤の結果、 元々美味しいのに、乾燥させることでさらに旨みが凝縮した、 高糖度、無添加のドライフルーツを生み出した。 世の中の健康志向を追い風に、栄養価の高いドライフルーツは若い女性を中心に人気が高まっている。 その流れに乗って、ドリームファーマーズは販路を拡大。売り上げも順調に伸ばしている。 宮田社長らが会社を立ち上げた背景には、地元の農業を取り巻く厳しい現状がある。 担い手不足などでぶどう農家の数は全盛期の半数以下に減少。 地域を元気にしたいと願い、新たなビジネスに取り組んでいるのだ。 商品のバリエーションも増えた。 その一つが、商社のバイヤーの目に留まり、アメリカ・ニューヨークの百貨店でも販売。 “USA(うさ)”の農家の努力が、海を越え“USA”で認められたのだ。 甘みと旨み、そして熱い思いを詰め込んだドライフルーツで夢を掴むための 「ドリームファーマー」たちの挑戦を追う。

会社名:株式会社ドリームファーマーズ
住所: 大分県宇佐市安心院町下毛1193-1
電話:0978-58‐3534
HP:http://dreamfarmers.jp/