7月8日放送(RBCは7月13日放送)
片手でパシャパシャ 入れ歯磨きの常識が変わる!
 「デンチャーブラシ」に出会った当初は、「入れ歯磨き?洗浄剤に浸けておけばいいのでは?」と思っていましたが、取材を進めれば進めるほど、入れ歯をブラシに押し当てるという逆転の発想の素晴らしさと、世界に広がる可能性に引き込まれていきました。  誤嚥性肺炎の原因のひとつが入れ歯の細菌だということも今回初めて知りましたし、実際デンチャーブラシを取り入れた施設では肺炎患者が減ったという例もあるようです。まさに福留さんの話す「人助け」が、現実のものになりつつあります。  福留さんと、歯ブラシメーカーの清水社長のやりとりは軽妙で楽しく、似たもの同士の奇跡的な出会いとお互いの情熱が生んだ新商品でした。  番組には盛り込めませんでしたが、入れ歯を磨くことそのものの啓発をしたいと、福留さんは「入れ歯みがき体操」まで考案。作詞・歯科技工士、作曲・歯科医師、振り付け・歯科衛生士という、「オール歯科」で制作。結構耳について離れない楽しい曲です。施設などでみんなで体操をして、入れ歯を磨こうということを広めています。  開発中の電動タイプや手持ちタイプなどの完成も待ち遠しく、間違いなく全国・世界に広がっていくと思います。  歯に自信がない私は、将来きっと入れ歯になるでしょう。その時は今よりもっと改良された「デンチャーブラシ」を愛用したいと、今から思っています。その前に歯みがきですけどね。
担当:MBC南日本放送 岡田祐介