たべごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

7月14日の放送内容

「焦がし醤油の豚ニラ炒め」と「ニラの辛い油そば」

料理研究家コウケンテツとRKBアナウンサー田畑竜介。男二人の美味しい料理と美味しいトーク。今回のテーマは「ニラ」。
福岡県朝倉郡筑前町。ここで栽培されるニラは「アルギットニラ」と呼ばれる、土作りにこだわって出来たニラだ。尖った味が無く甘みが強いのが特徴で、刈りたてのニラからはエキスが滴り落ち瑞々しい。もちろん生でも食べられる。アルギットとは、ノルウェーで古くから肥料として使われていた海藻のこと。豊富なミネラルと有機質が土壌の微生物を活性化させ、ニラは、葉がしっかりとし、糖度も栄養価も高く病気にも強い。しかし、畑の中で栄養や微生物が蓄積されるまで2年以上要するという。手間ひまと愛情をかけたニラだ。
コウさんはこのアルギットニラの特徴を活かして2品披露。まずは、豚バラさえあれば簡単にできる「焦がし醤油の豚ニラ炒め」。焦げるくらいニラを焼きつけたあと、醤油との混ぜ合わせかたがポイントとなる。もう1つは「ニラの辛い油そば」。自家製ラー油と卵を絡めて、しゃぶったニラを麺と一緒につるっといただく。ラー油作りはぜひ参考にしたい。2品ともあっというまに作れてしかも絶品だ。

※7月14日(土)の放送は、15:30~となります。

「焦がしじょうゆの豚ニラ炒め」

「焦がしじょうゆの豚ニラ炒め」

材料

材料
豚バラ薄切り肉   200g
玉ねぎ   1/4個
ニラ   1束
赤唐辛子(生)   1~2本
ごま油   大さじ1
しょうゆ、塩、粗挽き黒コショウ   各適宜

レシピ

1. 玉ねぎは1cmのくし切りにする。ニラは5㎝の長さに切る。赤唐辛子は斜め薄切りにする。
2. 豚肉は食べやすい大きさに切って塩、粗挽き黒コショウをする。
3. フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒める。肉の色が変わったら玉ねぎ、ニラ、赤唐辛子をくわえてそのまま焼きつけるように炒める。
4. ニラに焼き色がついてきたら具をフライパンの端によせ、しょうゆを加えて強火で加熱し、全体を混ぜ合わせる。

「ニラの辛い油そば」

「ニラの辛い油そば」

材料

ニラ   1/2束
中華麺(生)   2玉
一味唐辛子   小さじ1~大さじ1(お好みで)
水   小さじ1

 ごま油   大さじ3
 しょうゆ   大さじ3
白いりごま   大さじ2
卵黄   2個
酢   適宜

レシピ

1、 一味唐辛子と水を混ぜる。
2、 フライパンにごま油を熱し、1をさっと炒める。油が赤くなってきたら取り出してボールに入れ、しょうゆ、いりごまを混ぜる。
3、 ニラはたっぷりの熱湯でさっと湯通ししてとりだす。
4、 中華麺はゆでてざるにあげて水けをきる。
5、 中華麺とニラを器に盛り、2をかけて卵黄をのせる。よく混ぜていただく。好みで酢をかけても。

    産地・製造元

  • アルギットニラ
    アルギットニラ

    1束 50円~

    もろおか市場
    福岡県朝倉郡筑前町中牟田888-1
    TEL (0946)42-2322

    食文化スタジオcommu
    (1階店舗:ジャポニカジャポン)
    TEL (092)406-3230

食人ごころ

  • 稲垣
    稲垣

    福岡市博多区上川端1−3
    TEL (092)291−5495