たべごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

7月28日の放送内容

「いりこと大豆もやしスープ」と「いりこの甘辛炒め」

料理研究家コウケンテツとRKBアナウンサー田畑竜介。男二人の美味しい料理と美味しいトーク。今回のテーマは「いりこ」。
長崎県は、いりこの漁獲高日本一。中でも松浦市福島で水揚げされるいりこは鮮度が違う。味もつけない、保存料など余計なものも一切加えない、海から揚がったそのままの味だ。漁から加工まで一貫して行われるのが特徴で、港に船をつけると加工場に直接水揚げ、その日のうちに完全無添加のいりこになる。特にエサを食べる前の一番いりこは価値が違うといい、朝日が昇るとともに、田畑アナとコウさんも漁に同行する。
いりこは韓国でもよく調理され、今回コウさんが披露する料理は、韓国の母の味。具としてもだしとしても使う「いりこと大豆もやしスープ」。二日酔いにも効くという韓国ではテッパンのスープだ。卵を落としたスープの中にご飯を入れて食べるのも格別。もう1品は、酒の肴にもなる、ごま油と唐辛子がきいた「いりこの甘辛炒め」。

「いりこの甘辛炒め」

「いりこの甘辛炒め」

材料

食べるいりこ   1カップ
ごま油   大さじ1~2
にんにくのみじん切り   1かけ
赤唐辛子(生)   各1本
しし唐   8本
○A
 白いりごま、しょうゆ、砂糖、みりん   各大さじ2
 黒酢   大さじ1

レシピ

1、 赤唐辛子は小口切りにする。
2、 いりこはフライパンでさっと乾煎りして取り出す。
3、 フライパンをさっと拭き、ごま油を熱してにんにくを炒め、香りが立ったらしし唐、いりことAを加えて炒め、仕上げに赤唐辛子を加えて混ぜる。

「いりこと大豆もやしスープ」(3~4人分)

「いりこと大豆もやしスープ」(3~4人分)

材料

いりこ(大)   30尾ほど
大豆もやし   2袋
大根   50g
卵   2個
わけぎ   1本
酒   1/2カップ
塩、粗挽き黒コショウ、しょうゆ、みりん   各適宜
白いりごま、粉唐辛子(中挽き)   各適宜
にんにくのすりおろし   小さじ1/3

レシピ

1. いりこは頭をとって身を半分に裂き、内臓を取る。4カップの水を入れたボールにいりこを加え、30分ほどつけておく。
2. 大豆もやしはさっと洗ってざるに上げておく。
3. 大根は皮をむいて細切りにする。わけぎは小口切りにする。
4. 一人用に鍋を二つ用意し、1を入れて、酒、大根を加えて煮たたせ、大根がやわらかくなるまで煮る。
5. みりん、しょうゆ、塩、大豆もやし、にんにくのすりおろしを加えて10分ほど煮る。
6. 卵を割り入れて、わけぎ、ごまを加え、煮たたせる。塩、粗挽き黒コショウで味をととのえる。
7. 温かいごはんを添えていただく。

    産地・製造元

  • 長崎県福島のいりこ
    長崎県福島のいりこ

    秀吉丸
    Tel(0955)47-4301

    食文化スタジオcommu
    (1階店舗:ジャポニカジャポン)
    (092)-406-3230

食人ごころ

  • 博多吉一
    博多吉一

    福岡市博多区下川端町10−5 
    TEL092−281−5392