たべごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

11月3日の放送内容

「コウさん流薬膳コンニャクカレー」と「こんにゃくのクリームパスタ」

料理研究家コウケンテツとRKBアナウンサー田畑竜介。男二人の美味しい料理と美味しいトーク。今回は「こんにゃく」の産地を求めて、二人が福岡県八女市星野村を訪れる。
今が旬の星野のこんにゃくいも。毎年次々に自生し、葉が枯れると掘り頃だ。5年物くらいのゆっくり太った芋が、身がしっかり締まってておいしいという。掘った芋は干して水分を抜いたあと、ゆでて手臼でつき、水で伸ばして灰汁を加え、型に流して再びゆでる。手間暇のかかる行程をしっかり踏んで、出来上がったこんにゃくは、ぷりっぷりで味わい深く、コウさんは「こんにゃくに味がないって言ったの誰?」としきりに感激。今年の夏の九州北部豪雨の被害にさらされた星野村だが、。生産農家の人々は「前を向いて頑張って行こうと思う」と常に明るく、今年も立派なこんにゃくを作り上げた。そんな農家の皆さんのことを思って作ったというコウさんの料理は「コウさん流薬膳コンニャクカレー」。玉葱とトマトをベースに、なつめや松の実などの薬味を使った一味違うカレーを披露する。肉の代わりにはもちろんこんにゃく。ちぎって入れると味もしみこみやすく、存在感も抜群。隠し味に味噌とハチミツ、仕上げに酢漬けにしたクコノミを散らすと、辛・甘・酸が広がる抜群のカレーが出来上がる。雑穀ごはんにかけるとより美味しさが際立つ。また、ルーを煮詰めている間にもう1品。こちらは「こんにゃくのクリームパスタ」だ。こんにゃくをパスタのように細切りにし、ニンニクとアンチョビで味付け、生クリームと合わせて塩胡椒で味を調えると、びっくりする程、こんにゃくとマッチする。こんにゃくのイメージが変わるような今回の2品、どちらも実におすすめ。

「コウさん流薬膳コンニャクカレー」

「コウさん流薬膳コンニャクカレー」

材料

こんにゃく   200g
玉ねぎのみじん切り   1/2個
にんにくのみじん切り   1かけ
しょうがの細切り   2かけ
トマト(1cmの角切り)   1個
クミンシード   大さじ1
カレー粉   大さじ2
オリーブオイル   大さじ1
味噌   大さじ1
赤唐辛子(乾燥)   2本
干しなつめ   6~8個
松の実   大さじ1~2
あればクコの実、酢   各大さじ1
ハチミツ   小さじ1ほど
三つ葉   1株
水   3カップ
塩、粗挽き黒コショウ   各適宜
温かい雑穀ごはん   茶碗2杯分

レシピ

1、干しなつめはさっと水で洗い、中心からぐるりと切り込みを入れ、種を取る。
2、松の実はさっと乾煎りし、取り出す。
3、こんにゃくは手で小さくちぎってサッと湯通しして取り出す。
4、フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎをじっくり炒める。、にんにくを加えて炒め、トマト、クミンシードを炒める。香りがたってきたら、コンニャク、カレー粉、赤唐辛子を加えてサッと炒める。
5、塩小さじ1/2を加え、水、干しなつめ、しょうがを加えて弱めの中火で15分ほど煮る。
6、クコの実は酢に漬けておく。
7、味噌を溶き入れ、ハチミツ、松の実を加え、塩、コショウで味をととのえる。雑穀ごはんにかけ、クコの実をちらし、三つ葉を添える。

「コンニャクのクリームパスタ」

「コンニャクのクリームパスタ」

材料

コンニャク   200g
にんにくのみじん切り   1かけ
アンチョビ   2~3切れ
オリーブオイル   大さじ2
生クリーム   1カップ
塩、粗挽き黒コショウ   各適宜
イタリアンパセリ   適宜

レシピ

1、コンニャクは細切りにし、サッと湯通しして取り出す。
2、フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニク、コンニャクをじっくり炒める。
3、塩適宜を加えてサッと炒め、香りがたってきたらアンチョビを加える。
4、生クリームを加えて煮たたせ、塩、コショウで味をととのえ、器に盛り、イタリアンパセリをちらす。

    産地・製造元

  • 星野村の手作りこんにゃく
    星野村の手作りこんにゃく

    直売所 広内ロードパーク
    TEL(0943)52-2074 (山口さん宅)
    営業は11月いっぱいの日曜日

    食文化スタジオcommu
    (1階店舗:&ショップ)
    TEL(092)526-9850

食人ごころ

  • 本格中国料理 福天
    本格中国料理 福天

    福岡市中央区荒戸2−3−42
    TEL(092)403−6068