たべごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

1月5日の放送内容

~黒豚ベーコンの豆シチュー~

※1/5(土)は午後5時30分からの放送となっております。また、12/29(土)は、放送がお休みとなっております。
料理研究家コウケンテツとRKBアナウンサー田畑竜介。男二人の美味しい料理と美味しいトーク。2013年1発目は、究極のベーコンを求め、宮崎県小林の畜産農家を訪れる。塩やスパイスを直接肉にすり込む「乾塩法」という製法で作られたベーコンは、高い技術が必要で、肉の旨みがより凝縮されるという。しかも添加物を使用せず、手間と時間をかけて熟成、乾燥、燻製を繰り返す、昔ながらの正統派だ。ベーコンの原料である黒豚は“からいもどん”と呼ばれ、さつまいもと名水で育て上げている。さらに、良質な脂身を作るためあるものを与えているというが・・・?
 コウさんは、この極上ベーコンを使って“世界の家庭のお袋の味シリーズ”と銘打ち、トルコの「黒豚ベーコン豆シチュー」を披露する。今回は材料に白いんげん(白)、トマト(赤)、サフランライス(金)と、年明けにふさわしくおめでたい配色を工夫。ベーコンの旨みたっぷりの華やかなシチューが出来上がる。

「黒豚ベーコンの豆シチュー」

「黒豚ベーコンの豆シチュー」

材料

桑水流黒豚ベーコン   200g
白いんげん豆(乾燥)   2カップ
玉ねぎ   1個
トマトペースト   大さじ3
トマト   1個
にんにくのみじん切り   1かけ
オリーブオイル   大さじ3
バター   20g
ローリエ   1枚
塩、粗挽き黒コショウ   各適宜
粉唐辛子   適宜

レシピ

1. 白いんげん豆まめはサッと洗い、たっぷりの水で1晩もどし、ざるにあげる。そのまま鍋に入れて火に強火にかけ、煮立ってアクが出てきたらざるにあげる。
2. 同じ鍋に1の白いんげん豆、1.5ℓほどの水、ローリエを入れてふたをずらして煮始める。
3. 玉ねぎはみじん切りにする。トマトは1cmほどの角切りにする。
4. フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを炒める。
5. 色づいてきたら、にんにく、湯剥きしたトマト、ぶつ切りにした黒豚ベーコン、トマトペースト、バターを加えてペースト状になるまで炒める。おたま3~4杯分の2の煮汁を加えて煮詰める。
6. 5を2に加え、煮立ったらアクを取る。
7. ふたをずらしてのせ、豆がやわらかくなるまで弱火で、2.から合わせて1時間ほど煮る。塩、コショウで調味して器に盛り、好みで粉唐辛子をちらす。

※トマトペーストが手に入らない場合は、3.の角切りトマトの分量を2個にする

「サフランライス」

「サフランライス」

材料

米   2合
サフラン   少々
塩   ひとつまみ

レシピ

シチューを煮ている間に、付け合せのサフランライスを作る。
洗ってざるにあげた米を鍋に入れ、2合分の水、サフランを入れて混ぜ、炊飯機能で炊く。

    産地・製造元

  • <ベーコン>
    <ベーコン>

    桑水流(くわづる)畜産
    TEL(0984)22−8686

    http://kuwazuru.ocnk.net/ ※ネットでお求めできます。

    食文化スタジオcommu
    (1階店舗:&shop)
    TEL(092)526-9850
    ※営業は1月8日~

食人ごころ

  • ホテルニューオータニ博多
    ホテルニューオータニ博多

    福岡市中央区渡辺通1−1−2 
    TEL(092)714−1111