たべごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

7月5日の放送内容

「★自家製あら挽きハーブソーセージ」「 ★ケンテツソーセージ」「 ★ザワークラウト風野菜炒め」

料理研究家コウケンテツとRKBアナウンサー田畑竜介。男二人の美味しい料理と美味しいトーク。今回の「男の料理」は、ソーセージを手作りする!?
 コウさんが指南するのは、家庭で出来る皮なしのソーセージ。何とラップ1枚で本格的な味が楽しめる。ポイントは塩・コショウをしっかり振ること。
「自家製粗挽きハーブソーセージ」は、豚の肩ロースとバラ肉で旨味たっぷり!ハーブとのアクセントもバッチリ。ぷりっぷりの歯ごたえが嬉しい。
コウさんの名前を付けるほどこだわり抜いた「ケンテツソーセージ」は、食通を唸らせる味。ラム肉・豚バラ・鶏レバーの個性派に、食感のクルミがまたにくい。
叩いてたたいて、練ってねって、ラップでくるんで蒸して焼く!このたった4行程で極上自家製ソーセージが出来上がる。
付け合わせの「ザワークラウト風野菜炒め」も絶品!お楽しみに!

★自家製あら挽きハーブソーセージ

★自家製あら挽きハーブソーセージ

材料

(4~6本分)
豚肩ロース(とんかつ用)   200g
豚バラ薄切り肉   100g
タイム   4~5枝ほど
ローズマリー   2~3枝ほど
ディル   適宜
塩   小さじ1
あればナツメグ   適宜
粗びき黒こしょう   たっぷり
オリーブオイル   大さじ1
粒マスタード   適宜

レシピ

1、肩ロースと豚バラ肉は細切りにしたあと、しっかりたたく。ボールに入れて塩、ナツメグを加えてペースト状になるまでしっかりと手で練り混ぜる。
2、手でちぎったタイムとローズマリー、あればたっぷり粗挽き黒コショウを加えてさらにしっかりと混ぜる。
3、4~6等分にし、1本ずつラップにくるんで両端をくるくると巻く。両端を留めて冷蔵庫で15分ほど寝かせる。
4、蒸し器で5分ほど蒸し、取り出してラップを取る。
5、フライパンにオリーブオイルを熱し、ソーセージをこんがりと焼いて取り出す。

★ケンテツソーセージ

★ケンテツソーセージ

材料

(4~6本分)
ラム肉   150g
豚バラ薄切り肉   50g
鶏レバー   100g
クルミ   20g
塩   大さじ1/2
クミンシード   大さじ1・1/2
チリパウダー   大さじ1/2
片栗粉   大さじ1/2
粗びき黒こしょう   たっぷり
オリーブオイル   大さじ2
粒マスタード   適宜

レシピ

1、鶏レバーは黄色い脂肪を取り除き、4等分ほどに切り、氷水に15分ほどつけて血ぬきしてきれいに洗う。ラム肉、豚バラ肉を粗くたたく。レバーもたたいてボールに合わせて塩をする。ペースト状になるまでしっかりと手で練り混ぜる。
2、刻んだクルミ、塩、クミンシード、チリパウダー、たっぷりの粗挽き黒コショウを加えてさらにしっかりと混ぜる。片栗粉を入れて混ぜる。
3、4~6等分にし、1本ずつラップにくるんで両端をくるくると巻く。両端を留めて冷蔵庫で15分寝かせる。
4、蒸し器で5分ほど蒸し、取り出してラップを取る。
5、フライパンにオリーブオイルを熱し、ソーセージをこんがりと焼いて取り出す。
6、器にハーブソーセージ、ザワークラウトとともに盛り、ローズマリー、粒マスタードを添える。

★ザワークラウト風野菜炒め

★ザワークラウト風野菜炒め

材料

(3~4人分)
白ワインビネガー(なければお酢)   大さじ2
キャベツ   1/4個
玉ねぎ   1/4個
砂糖、キャラウェイシード   各小さじ1
ローリエ   1枚
赤唐辛子   2本
黒粒コショウ   10粒
オリーブオイル   大さじ1
塩、粗挽き黒コショウ   各適宜

レシピ

1、キャベツは細切りにし、塩、キャラウェイシード、白ワインビネガーを加えてもみ込み、10分ほどおき、水けをしぼる。玉ねぎは薄切りにする。
2、フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを加えてしんなりとするまで炒める。1のキャベツ、黒粒こしょう、赤唐辛子、砂糖、ローリエを加えて混ぜ合わせ、水1カップを加えて煮立てる。ふたをして強めの弱火にし、15分ほど蒸し煮にする。
3、味をみて、塩、コショウで味をととのえ、酸味がたりなければビネガーを足して、強火で水分を飛ばす。

    産地・製造元

  • 唐津くん煙工房
    唐津くん煙工房

    佐賀県唐津市船宮町
    TEL0120-17-8683

    粉雪サラミ 1本600円
    (45~55g 税・送料別

食人ごころ

  • フランス料理 塩胡椒
    フランス料理 塩胡椒

    熊本市中央区中唐人町13
    TEL(096)322-8487