たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

4月23日の放送内容

男粥~濃厚魚介だしのアジアン風~

料理研究家コウケンテツが「食」のこころを伝える“たべごころ”。今回は男のこだわりがつまった「魚粥」。
 お粥は病気の時の癒やし食ではない!アジアでは立派な「料理」だという。そんな1食にする決め手が出汁。昆布、シイタケ、貝柱…魚介の旨味たっぷりで炊きあげたお粥!小麦粉をまぶしてこんがり焼きあげた鯵!2つをさっくり混ぜて食べるのが「魚粥」だ。そのままでもコクと旨味が抜群だが、何と言っても決め手は自家製タレ。ナンプラーにレモン、砂糖、トウガラシと甘辛酸っぱいアジアンテイストが絶妙にマッチング!ショウガやパクチー等の薬味と一緒に召し上がれ。 おなかいっぱい食べられるし、歓送迎会で疲れた胃にも優しいご飯!コウさんならではのこだわりレシピ、ぜひお試しを!

男粥~濃厚魚介だしのアジアン風~

男粥~濃厚魚介だしのアジアン風~

材料

1合
2尾
干し貝柱
4個
昆布
7~8㎝角
干しシイタケ
2枚
 酒
1/4カップ
 にんにくの薄切り
1かけ
 長ねぎの青い部分
1本分
 塩
小さじ1
 ナンプラー
小さじ1
 生唐辛子
1本
 レモン汁
大さじ1
 塩
小さじ1/2
 砂糖
小さじ1
 ナンプラー
小さじ1
 水
大さじ2
しょうがの千切り
2かけ
長ねぎの小口切り
1本分
万能ねぎの小口切り
2~3本
香菜
3~4株
粉唐辛子(中挽き)、薄力粉
各適宜
粗挽き黒コショウ
各適宜

レシピ

1. 昆布は水3カップにつけておく。
2. 干し貝柱はさっと洗って水に漬けておく。
3. 鯵は三枚おろしにし、小骨をとる。頭と中骨は軽く塩をふり霜降りをする。
4. 鍋に1、2の頭と中骨を入れて、昆布は取り出してひと煮し、アクをひく。Aを入れ、弱めの中火で10分ほどにて出汁を取り、濾しておく。
5. 炊飯鍋に4の濾した出汁、細切りにした椎茸、貝柱、Aで使ったニンニクの薄切り、米をいれておかゆ機能で炊く。お粥機能がない場合、米60(大さじ4)に対して600mlの出汁をくわえて炊く。沸騰し煮立ったら弱火にして40分。
6. 炊いている間にトッピングを作る。フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、塩、こしょうをした鯵の身に薄力粉をまぶしこんがりと焼く。
7. タレ(B)は唐辛子を刻み、すべてを合わせる。生姜とパクチーも適宜加える。
8. 炊きあがったおかゆに6の鯵を加えてさっくりと混ぜて器に盛る。
9. 薬味、たれをそれぞれ小皿に盛って添え、好みでおかゆでかけていただく。

    とっておき

  • Teddy&Daddy
    Teddy&Daddy

    朝7時からオープン!
    住所:福岡市中央区荒戸2-5-20
    TEL:092-753-9640