たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

7月23日の放送内容

スタミナトマトちゃんぷるー

熊本を代表する農産物と言えば「トマト」、その年間生産量は全国1位だ。熊本地震発生から3カ月、今、トマトの出荷が最盛期を迎えている。今回は、熊本県阿蘇市のトマト農家をコウケンテツが訪ね、その現状を取材。美味しいトマト作りに情熱を注ぐ元気な生産者達にパワーをもらう。
産地ではトマトの美味しい食べ方を教えてもらったコウさん。スタジオでは、それらをヒントに“スタミナトマトちゃんぷるー“を作る。トマトの半分は一口大に、残りの半分はすり下ろす。このすり下ろしたトマトに味噌、ニンニク、砂糖、ごま油でタレを作るのがポイントだ!トマトの旨味を引き出す2通りの使い方が味の決め手となる。その他の具材は大ぶりにざっくり!切って炒めて最後にトマトの味噌ダレを!加熱することでトマトは甘みがぐっと引き立ちポテンシャルが上がるのだ。豚肉とも相性バッチリ、ネギやきくらげなどの和素材ともよく合い、ご飯が進む逸品。ゴーヤに飽きたらぜひトマトでちゃんぷるー!お試しを。

スタミナトマトちゃんぷるー

スタミナトマトちゃんぷるー

材料

トマト
2個
豚バラ薄切り肉
200g
溶き卵
2個分
生きくらげ
1枚
玉ねぎ
1/4個
熊本ねぎ
1/2本
ズッキーニ
1/3本
○香ばしいスタミナにんにくトマト味噌だれ
にんにくの薄切り
1かけ
トマト
1個
 味噌
大さじ2
 砂糖
大さじ1/2
 ごま油
大さじ2
塩、粗びき黒コショウ、しょうゆ
各適宜
サラダ油
大さじ2
削り節
適宜

レシピ

1. トマト1個はひと口大のくし切りにし、もう1個はすりおろす。玉ねぎは1cmのくし切りにする。熊本ねぎは3~4㎝の棒状に切り立て半分にする。外側は白髪ねぎにして水にさらし、芯はとっておく。ズッキーニはひと口大の乱切りにする。生きくらげは固い部分を切り、食べやすい大きさにきる。豚バラ薄切り肉は3等分に切って塩を軽くする。
2. 香ばしいスタミナトマトにんにく味噌だれを作る。小さめのフライパンを用意し、ごま油、にんにくを中火で熱する。色づいてきたら、すりおろしたトマト、味噌、砂糖を加えてしっかりまぜながら炒める。
3. 別のフライパンを用意し、サラダ油大さじ1を熱し、溶き卵をサッと炒めて取り出す。残りのサラダ油を熱し、豚肉を炒める。肉の色がかわってきたら、玉ねぎ、ズッキーニを炒め、油がなじんできたら、ネギの芯ときくらげを加えてさっと炒める。
4. 2のトマト味噌だれを加えて汁気が軽くとぶまで炒める。卵、トマトを加えて混ぜ合わせ、仕上げに卵を加えて軽くまぜる。
5. 器に盛って白髪ねぎ・削り節をのせ、香りづけのゴマ油を少々としょうゆを回しかける。