たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

10月22日の放送内容

男のかしわめし

今回はこだわりのかしわ飯。出汁の出る骨付き鶏モモ肉で極上の味を目指そう!そのポイントは…?
鶏は大胆に切り込みを入れ下味をつけること。炊く前にお米と調味料は良く混ぜ合わせておくこと。逆に、野菜類は米の上に乗せたら混ぜてはいけない…。水加減、火加減、1つ1つの行程にこだわりを持ってコウさんがわかりやすく指南。出来れば土鍋などを使い、おこげを作れば最高の味に!最後に鶏モモを手で裂いて混ぜ合わせると、肉はほろほろでぷりっぷり!隠し味のごま油も味の決め手。お米の美味しい季節、とびっきりのかしわ飯を作ってみませんか?

男のかしわめし

男のかしわめし

材料

2合
骨付き鶏モモ肉
1本
ニンジン
1/3
ゴボウ
1/2本
干ししいたけ(水で戻しておく)
2~3枚
ショウガの千切り
1かけ
万能ネギ
3本
 しょうゆ、酒
各大さじ1
 砂糖
小さじ1
 しょうゆ、みりん、酒
各大さじ2
ごま油
大さじ1
昆布
7~8㎝角

レシピ

1. 米は30分ほど水につけておく。(冬場は1時間ほど)
2. 骨付き鶏モモ肉に切り込みを開くように入れて、関節の部分で半分にカットし、Aをなじませておく。
3. ニンジン、ゴボウはささがきにする。干ししいたけは細切りにする。
4. 炊飯鍋に1の米、Bを入れて混ぜる。水を2合分より少し少なめに入れる。2の野菜、しょうがの千切り、3の鶏モモ肉と、昆布をのせ、そのまま混ぜずに炊き始める。
5. 最初強火で5分、ボコボコと音がし始めたら弱火で13分、再び強火にし、おこげをつける。
6. 火を止め蓋をあける。
蓋を布巾でくるみ再び蓋をし、10分蒸らす。
7. 蒸らした後、鶏肉と昆布を取り出して、身と骨に分けて、身をさいて炊飯鍋に戻し入れる。
8. 全体をしっかりと混ぜて器に盛り、万能ネギをのせる。