たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

5月6日の放送内容

牛野菜焼きそば カリカリビーフン

ゴールデンウィークも終わりに近づき、遊び疲れて帰った午後に家でパパっと作るには、ビーフンがお薦め。米粉で出来ているので満腹感もあり、ベチャッとならない。常備しておくと便利な食材だ。冷蔵庫の余り物と一緒にチャンプルーにしてもいいが、そこは一工夫。今回はごま油で焼きつけ、カリッカリに仕上げる!水で戻した後は、水分をふき取ること、また、フライ返しを使って押さえつけながら、両面ともしっかり焼きつけることがポイントだ。
具材はあと乗せ。パプリカや小松菜など彩りのいい野菜と、余りの牛肉があればOK。牛肉は下味をつけて揉みこんでおくと柔らかな食感に!とろみをつけて、カリカリビーフンの上からかけて食べるというのがまたいい。長崎皿うどんのようなワクワク感、さらにバジルを散らして新感覚。少し濃いめの味付けがビーフンに絡み、感動を呼ぶ。家にあるもので簡単にバージョンアップできる今回のレシピ、ぜひお試しを。

牛野菜焼きそば カリカリビーフン

牛野菜焼きそば カリカリビーフン

材料

材料
ビーフン(細いタイプ)
150g
しょうゆ、酒
各小さじ1
牛切り落とし肉
150g
玉ねぎ
1/2個
しいたけ
2枚
小松菜
2株ほど
赤パプリカ
1/2個
きぬさや
12個
バジル
ひとつかみ
酒、しょうゆ、オイスターソース
各大さじ1・1/2
 砂糖
小さじ1
カップ1・1/2
ごま油
各適宜
塩、粗びき黒コショウ
各適宜
水溶き片栗粉
適宜
一味唐辛子・韓国唐辛子
各小さじ1/2
大さじ2
練りがらし
適宜

レシピ

1. ビーフンはぬるま湯で戻し、水けをしっかりふきとる。
2. フライパンにごま油を熱し、1のビーフンを広げ入れる。両面をカリカリに焼きつけて、
     焼きあがったらバットにあげておく。
3. 牛肉はしょうゆ、酒、少々をもみ込んでおく。
4. 赤パプリカは千切りに、玉ねぎは薄切りに、しいたけは石づきを切り、薄切りにする。
小松菜は根本を切おとし、4~5㎝に切る。きぬさやは筋をとっておく。
5. 続けてごま油を熱し、玉ねぎ、赤パプリカ、牛肉を加えて炒める。肉の色が少し
    変わったら、しいたけ、小松菜の茎、を加えて炒める。しんなりとしたら、A を加えて煮立たせる。
    小松菜の葉ときぬさやを加えてさっと炒め、水を加えて煮る。
    水溶き片栗粉でとろみをつける。バジルを手でちぎりながら加えてさっと混ぜる。
6. 器に4等分にしたビーフンを盛り、5をかける。好みでBの酢唐辛子、練りがらしをかけていただく。