たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

8月12日の放送内容

夏だカレーだ!③世界の野菜料理「揚げ茄子のコロンブー」

「夏だカレーだ!」3回目は世界の野菜料理編、南インドのコロンブーを作る。
ベジタリアン王国と言われる南インドでは、野菜中心の総菜やカレーを、ライスにかけて混ぜ合わせて食べることが多い。今回のコウさんのコロンブーは、1皿の中にそんな味の層を詰め込んだカレースープだ。
決め手は2つのジュース。レンズ豆を煮出した豆ジュースと、梅干を水で溶いた梅ジュースだ。豆の煮汁に水溶き梅干し…!?なんだか妙な組み合わせ、と思いきや、コロンブーの特徴は、すっぱ辛いさらさらカレー。豆の旨味やコクを煮汁に引き出し、本場ではタマリンドという果実で付ける酸味を、梅干しでキリっとさわやかに仕上げる。あえてジュースにするのがさらさらポイントなのだ。ホールトマトできれいな赤を引き出せば、ナスと赤いカレーとのコントラスも美しい。
簡単に手早く出来るのも特徴だ。主役のナスは、素揚げしてそのままカレースープへ入れるだけ。玉ねぎはザク切りしスパイスと炒めるだけ。飴色玉葱や長時間の煮込みは必要ない。油をまとったナスにソースが素早く浸みこみ、旨味は抜群!上品な酸味と香り高い辛み、ナスと玉ねぎの甘み、豆、梅、トマト、香菜、様々な旨味がしっかり詰まり、食欲のないこの時季でもどんどんイケる逸品だ。身体に浸み込むようなウマさ、夏の暑い日にぜひ作ってほしい。
また、福岡では数少ない南インド料理の専門店も紹介。総菜の複雑な味をいくつも重ね、食べる所によって違いを楽しむ「ミールス」。こだわりご主人の南インド料理とは?こちらもお楽しみに。

⭐揚げナスのコロンブー

⭐揚げナスのコロンブー

材料

材料
長ナス
1本
ターメリックライス
茶碗2杯分
  米…1合
  ターメリックパウダー…小さじ1/2
  サラダ油…少々
 
○豆ジュース
  レンズ豆(オレンジ)
大さじ3
  水
水300ml
○梅ジュース
  梅干し(甘くないタイプのもの)
4個
  水
1カップ
○コロンブーソース
  タマネギ
1/2個
  クミンシード
大さじ1
  赤唐辛子
5〜6本
  ローリエ
2枚
  シナモンスティック
1本
  ターメリックパウダー
大さじ1/2
  カレー粉
大さじ1
  一味唐辛子
適宜
  ホールトマト
1缶
  黒糖
小さじ1
香菜
2~3株ほど
サラダ油
適宜
塩、粗挽き黒胡椒
各適宜

レシピ

①豆ジュースを作る。レンズ豆はさっと洗って水につけておく。そのまま火にかけてアクを取りながら15分ほど煮る。
②タマネギを1㎝角大ぐらいの大きさに粗く刻む。
③コロンブーソースを作る。フライパンにサラダ油大さじ3ほど熱し、濡れ布巾にのせる。
クミンシード、赤唐辛子、シナモンスティック、ローリエを加えて余熱で炒めて香りを出す。
タマネギが透き通ったら、カレー粉、ターメリックパウダー、一味唐辛子を加えてさっと混ぜる。香菜の根を加えて香りを立てる。
④裏ごししたホールトマト、①の豆ジュース、黒糖、塩小さじ1を加える。
⑤裏ごしした梅に水を加えてしっかりと混ぜ、④に加え弱火で10分ほど煮る。
⑥長ナスを1㎝幅の斜め薄切りにし、180〜190℃に熱した油でさっと揚げて油をきる。⑤のソースに加えてなじませる。刻んだ香菜を加え、塩、粗挽き黒胡椒で味をととのえる。
⑦器にターメリックライスを盛り、⑥をかけて、香菜を添える。好みで粗びき黒コショウを散らす。

    産地・製造元

  • 問い合わせ先
    問い合わせ先

    店名:  Spice&Dining KALA
    出演者: 金 直隆 さん
    住 所: 中間市東中間1-3-7 Kタウン1F
    電 話: 093-245-3501