たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

8月19日の放送内容

夏だカレーだ!④家カレー「うま豚肉みそ黒カレー」

「夏だカレーだ!」、シリーズの締めくくりは“家カレー”がテーマ。家で作るカレーは、残り物をアレンジすることも多い。そこで今回はコウ家イチオシの常備菜、その名も「うま豚肉みそ」からのアレンジカレー!
豚バラ肉が余ったら、ぜひ作り置きして欲しい「旨豚肉みそ」。引き肉ではなくバラ肉を粗みじんにすることがポイントだ。あとは長ネギと簡単な調味料を鍋に入れて混ぜるだけ。そのまま食べても良し、ひと工夫すれば様々な料理に大変身する。スタジオでは「旨豚肉みそ」作りから、冷たい素麺と季節野菜をあしらった「うま豚肉みそ素麺」を披露。味噌のコクと塩気が麺や野菜と絶妙に絡み合い、麺つゆいらずの絶品に!
さて本題のカレーは「うま豚肉みそ黒カレー」。先週の「赤いコロンブー」に続き今週は 「黒」。黒練りゴマで色を引きだした、キーマ風ともいうべきオリジナルだ。驚くべきはその手軽さにある。ポイントといえば手順、だろうか。まず最初にトッピングの鶏手羽を焼くこと。ぜならその間に出来上がってしまうからだ。ゴマ油を熱し、最初に豆板醤、香りが立ったらカレー粉、最後に肉みそ。それに黒練りゴマと水1カップであっという間に出来上がる。これぞ常備菜の本領発揮!もちろんお手軽なだけではない。練りゴマの程よいとろみと風味、肉みその旨味で、味付けは殆どなしでも濃厚コクうま!カリッと焼き上がった鶏手羽と温泉卵をトッピングし、青ネギでも散らせば、お店と見紛う豪華さも!またこの組み合わせが抜群にうまい。同じ肉みそでも素麺とは全く違う仕上がりと味、これなら昼夜でイケそう!
また、今回は視聴者ご自慢の家カレーも登場する。料理のインスタで3000人のフォロワーを持つ料理好きの奥様、河本家の味の決め手は、何とお手製のキノコペースト!?一方、鶏ガラスープから手作りのパパカレーは戸田家。飴色玉葱とトマトがポイントのこちらも本格派!2組のこだわりお家カレーも、乞うご期待!

*旨豚肉味噌黒カレー

*旨豚肉味噌黒カレー

材料

材料
*旨豚肉味噌
豚バラ薄切り肉
400g
味噌
大さじ3
醤油、みりん、砂糖
各大さじ1
大さじ3
長ネギの粗みじん切り
1本分

 
*旨豚肉味噌 混ぜそう麺
旨豚肉味噌
100g
そう麺
2束
きゅうりの細切り
1/3本分
枝豆(茹でて鞘から出したもの)
80g
みょうが
3つ
マヨネーズ、ラー油
各適宜

 
*旨豚肉味噌黒カレー
旨豚肉味噌
200g
鶏手羽先
4本
豆板醤
大さじ1
ごま油
大さじ1
カレー粉
大さじ3
1カップ
黒練りゴマ
大さじ3
青ネギ(わけぎ、九条ネギなど)
1本分
温泉卵
2個
福神漬け
適宜
塩、粗挽き黒胡椒
各適宜
ほかほかのごはん
茶碗2杯分

レシピ

【*旨豚肉味噌】
1. 豚バラ肉は細切りにした後、包丁で粗く叩く。
2. 小鍋に全ての材料を入れて火にかけ、数本束にした菜箸で絶えず混ぜながら、炒める。豚肉に火が入るのが目安。

【旨豚肉味噌 混ぜそう麺】
1. そうめんは表示通りに茹でて、冷水で洗ってシメて水けをきる。
2. 器にそうめんを盛り、旨豚肉味噌をのせ、きゅうり、枝豆をのせ、刻んだみょうがを散らす。
マヨネーズとラー油を混ぜたマヨラーを添え、好みでラー油を回しかける。食べる時に混ぜていただく。

【*旨豚肉味噌黒カレー】
1. 鶏手羽先は塩、胡椒をし、グリルでこんがりと焼く。
2. フライパンにごま油を熱し、豆板醤を炒める。香りが立ってきたら、旨豚肉味噌、カレー粉を加えて混ぜる。
3. 水1カップを加えて一煮立ちさせたら、黒練りゴマを加えて混ぜ、好みで塩、胡椒で味をととのえる。
4. 器にほかほかのごはん、手羽先を盛り、3をかける。温泉卵をのせ、刻んだ青ネギを散らし、福神漬けを添える。