たべごころ│RKB毎日放送

たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

1月13日の放送内容

産地を訪ねて〜佐賀太良町 竹崎かき〜 「牡蠣と春菊の和パスタ」

今回の産地は竹崎かにで有名な佐賀県太良町。竹崎かにならぬ〝竹崎カキ”の生産者をコウさんが訪ねる。有明海の恵みを受けて養殖される竹崎カキは、大粒で焼いても身が縮みにくく、味が濃厚、さらに成長が早いのが特徴だ。大事なことは、あまり刺激を与えず安らかに育てることだという。その工夫とは?産地ではかき小屋でダイナミックな酒蒸しや牡蠣飯を堪能する!コウさんがこの牡蠣を使ってスタジオで作るのはパスタ料理、それも和のテイストだ。ふっくらと蒸しあげた牡蠣。ポイントとなるのは、蒸し上げた時に出る牡蠣のエキスをふんだんに使ったソース!キノコの中でも出汁がよく出るマイタケを一緒に煮込み餡のようなとろみソースに仕上げる。牡蠣のパンチに負けないもう1つの食材が春菊だ。この組み合わせの妙が今回の味の決め手。春菊のさわやかな香りと仄かなエグみが牡蠣の旨みを押し上げる。香りが飛ばないように直前に合わせるのがコツ。ふわふわの身に和のソースが抜群にマッチ!後乗せ大根おろしと生姜がまたいいアクセントだ。旨味が濃い和ソースの牡蠣パスタ、これはイチオシ!

★竹崎カキと春菊の和パスタ

★竹崎カキと春菊の和パスタ

材料

殻付きカキ
8個
まいたけ
1/2袋
ニンニクのみじんぎり
少々
オリーブオイル
適宜
1/2カップ
A
だし汁
1・1/2カップ
みりん
大さじ2
しょうゆ、塩
好みの量
水溶き片栗粉
大さじ2
スパゲティーニ
160g
春菊
1束
大根おろし・しょうがのすりおろし・白いりごま
各適宜

レシピ

①まいたけは石づきを切って、手で細かく裂く。
②蒸し器に牡蠣の平らな方を下にのせ、3分ほど蒸す。貝柱が外れやすく、余分な水分が出たら、裏返し、さらに6分ほどむす。取り出して身と蒸し汁に分ける。身は乾燥しないようラップをしておく。
③フライパンにオリーブオイル、にんにくを熱し、まいたけを炒める。2の蒸し汁、Aを加えてひと煮する。しょうゆ・塩で味をととのえて水溶き片栗粉でとろみをつける。
④スパゲティーニを表示より2分短く茹でる(2リットルで塩大さじ1の割合)。
⑤3に茹で上がったスパゲティーを加え味を含ませる。そこに2の蒸しガキを加え、春菊の茎をざっくり切ってからめる。火を止めて春菊の葉を刻み加える。
⑥器に盛って水気を切った大根おろし、生姜を乗せてしょうゆを垂らし、ゴマを散らす。

    産地・製造元

  • 問い合わせ先
    問い合わせ先

    店 名:竹崎海産
    出演者:店長 吉田直広さん 社長 横山 進さん・妻 春子さん 
    住 所:佐賀県藤津郡太良町太良4261−1
    電 話:0954−67−0603
    料 理:カキ焼き 1かご1000円 炭代300円
    カキの酒蒸し 1鍋1500円
    カキ汁 410円  
    カキ飯 470円