たべごころ│RKB毎日放送

たべごころ

 食人ごころ

過去のレシピ

月を選択

こうさんおしえてチョーダイ
食文化スタジオ

食文化スタジオ

2月17日の放送内容

世界の定番家庭料理 「アイリッシュシチュー」

「アイリッシュシチュー」は、アイルランドの伝統的家庭料理。家庭の数だけレシピがあるという、言わば日本の“肉じゃが”だ。本場ではラム肉を使う家庭もあるそうだが、今回はお手軽な牛肉で本場の味をコウさん流に再現する。
そのこだわりはお肉のやわらか仕上げ!秘密は下味にある。やわらか効果の砂糖、キウイ、黒ビール、それにオリーブオイルでマイルド効果。さらに水は使わず、黒ビールだけで煮込むのがポイント(なければ普通のビールでも)。調味料は塩だけでOK。ハーブを効かせてつゆだく風に仕上げれば、スープの深~いコク、少しビターな味わいが野菜の甘さを引き立てる。後入れのカリフラワーが程好い歯ごたえと深みあるアクセントだ。ニンジン、ジャガイモ、玉ねぎ・・・、あとの材料は殆ど同じなのに、いつもの肉じゃがと一味違う洋風テイスト。
ルウもブイヨンも使わないのにまろやかなコクと旨み。何より、やわらかで歯切れ良く口の中でさっと溶けるような牛肉の食感がたまらない。ちょっと贅沢なスペシャル感があるコウさん流アイリッシュシチュー、ぜひぜひお試しを!
「とっておき」は、アイリッシュシチューでも使ったカリフラワーが登場。
全国有数の産地、福岡県福津市のカリフラワーは、重さずっしりと1キロ以上!見事な純白のフォルムは品質日本一と言われている。だが、その殆どが高値で東京へ出荷されるため幻とも・・・!?カリフラワーの知られざるオハナシが続々!

★アイリッシュシチュー

★アイリッシュシチュー

材料

材料
牛肉(シチュー用)
400g
じゃがいも
4個
玉ねぎ
1個
にんじん
1本
セロリ
1本
カリフラワー
1/2個
●牛肉の下味
 キウイフルーツ
1/2個
 黒ビール
1/3カップ
 オリーブオイル、砂糖
各小さじ1
 塩・粗挽き黒こしょう
各適宜
 薄力粉
大さじ3ほど
●スープ
 タイム(あれば)
3~4枝
 パセリ
3~4枝
 ローリエ
2枚
黒ビール
4カップ分
にんにく
1かけ
適宜
オリーブオイル
大さじ2
トッピング
パセリのみじん切り、粗挽き黒こしょう、オリーブオイル
各適宜

レシピ

①牛肉に軽く塩こしょうをし、すりおろしたキウイフルーツ、
黒ビール、砂糖、オリーブオイルを揉み込む。
②じゃがいもは皮を向いて2等分に切る。玉ねぎは4等分(くし切り)、
③にんじんは皮を剥いて輪切りにする。セロリは筋を取って1〜2㎝幅に切る。カリフラワーは小房に分ける。
④1の牛肉の水気を拭き、薄力粉をまぶす。
⑤鍋にオリーブオイルを熱し、4の牛肉をさっと炒めて取り出す。
⑥続けてオリーブオイルを熱し、カリフラワー以外の野菜を炒める。牛肉を戻し入れて塩小さじ1を加えて炒めあわせ、黒ビールとパセリ、ローリエあればタイムを加えて煮立ったらアクを引き、弱めの中火で40分ほど煮る。途中でカリフラワーを入れ、塩で味をととのえる。
※カリフラワーを入れるタイミングはお好みで。
煮込み時間のラスト5〜10分前くらいに入れると歯ごたえが残る仕上がりに。
⑦仕上げにオリーブオイルを回しかけ、粗挽き黒こしょう、パセリのみじん切りを散らす。

今回のオススメ

  • Live&Grill beyond
    Live&Grill beyond

    出演者:マネージャー 藤原信行さん
    住 所:北九州市小倉北区京町2−4−27 KDビル8階
    電 話:093−967−6223
    経歴等:2003年 小倉にて独立、居酒屋店を開業
    2017年 Live&Grill beyondマネージャーに就任
    料理等:薪焼き Tボーンステーキ1kg-ヒレ・ロース- 9800円(税・サ別)
    薪焼き みんなのハンバーグ 900円(税・サ別)
    ランチメニュー ステーキまったりナポリタン 1300円(税・サ別)