JR九州プレゼンツ

★列車に乗って

毎週日曜 午前10時放送

今回の旅

2014年11月16日の放送は・・・

鹿児島の旅(2)

「列車に乗って」とは、旅行用のパンフレットを使った実践旅番組。旅人本人が、あまたのパンフレットから行き先から目的までを選び、リアルな時間進行とともに番組も進行するガチンコ旅。また、合間には、旅人本人がブログを綴り、それも番組のホームページに、リアルタイムで更新されます。
今回の旅人はバラエティー番組で大人気のタレントいとうあさこさん。
焼酎が大好きないとうさんが以前からゆっくり旅をしたかったという鹿児島の旅に出る。
天文館を満喫したいとうさん…。
再び鹿児島中央駅に戻り、特急「指宿のたまて箱」で指宿へ、さらに快速「なのはな」に乗り継いで山川を目指します。
山川は古くから薩摩の海の玄関として利用されてきた港を有しており、独特の地形を利用した天然の良港として繁栄してきました。ここでは新鮮なカツオが水揚げされることでも有名。新鮮な魚がお目当てのいとうさんはパンフレットに載っている地元の人気店へ向かうことに…。
冷凍カツオの流通が多いなかでまったく冷凍されないままのカツオの刺身やキビナゴなどを珍しい食べ方でいただけるとあっていとうさんのテンションは最高潮に!
産地ならではのグルメを満喫したいとうさんは、南薩観光の新名所として定着した「薩摩伝承館」へ向かう。ここは鹿児島にまつわる芸術品など約3000点のコレクションが展示されているという博物館。
朝鮮陶工によって創始し、江戸時代を通して多様性あふれる焼き物へと育まれた薩摩焼をはじめ「薩摩勲章」など一つ一つにストーリーのある展示品はどれも見逃せないものばかり。いとうさんはタイムスリップして幕末の世界に浸ることに…。
さらに宿泊する宿ではその設備と広さが評判の巨大温泉「元禄風呂」を存分に楽しむ。忙しい日常から離れて鹿児島~指宿~知覧と気ままな旅を展開する。

今週のおすすめプラン

指宿・知覧の旅におすすめのきっぷはこちら!

  • 指宿レール&バスきっぷ

  • 「決めなきゃ、ダメ?大分VS鹿児島」キャンペーン開催中!
    詳細はこちら
今週の旅人

いとうあさこ

バラエティー番組で大人気のタレント(東京都出身)
97年に芸能界デビュー。主に自虐漫談の一人コントで注目を集める。
R-1ぐらんぷりに2003年に初の準決勝進出。
(以後5回連続で準決勝まで進出 2010年には決勝進出)
2010年には映画で声優にも挑戦するなど活動の幅を広げている。
お酒には強く、特に焼酎が好みだという。

今週の施設(クリックで拡大・詳細を表示します。)
特急 指宿のたまて箱5号
特急 指宿のたまて箱5号
JR指宿枕崎線(山川行)
JR指宿枕崎線(山川行)
味処むげん
味処むげん
指宿白水館
指宿白水館
薩摩伝承館
薩摩伝承館
指宿長太郎焼窯元
指宿長太郎焼窯元
旅した路線

鹿児島中央駅→指宿駅(特急いぶすきのたまて箱)
指宿駅→山川駅(快速なのはな号)

※掲載情報は2014年11月16日現在のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


次回予告

11月23日(日)放送

鹿児島の旅(3)

今回の旅人はバラエティー番組で大人気のタレントいとうあさこさん。
焼酎が大好きないとうさんが以前からゆっくり旅をしたかったという鹿児島の旅に出る。
旅2日目は砂蒸しの穴場温泉からスタート
砂蒸し温泉で上機嫌のいとうさんは気になるイケメンを発見し朝から上機嫌。
温泉でスッキリした後は「うなぎ」という名前の集落があると聞き、訪ねてみることに。ここはかつて西郷隆盛が3ヶ月ほど静養に訪れた場所としても知られている。
ここでは「スメ」という温泉蒸気を活用した独特の調理方法があるという。
丸ごと鶏一羽を蒸すという代表的な「スメ料理」をいただくことに…。
鰻地区でスメ料理を堪能したいとうさんは「知覧」へ向かう。
知覧にはかつて特攻基地があり、知覧特攻記念平和会館には第二次世界大戦末期の沖縄戦で爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たり攻撃したという陸軍特別特攻隊員の遺品や関係資料が展示されている。
旅の締めくくりは再び鹿児島市内へ…。
東京に戻る前にどうしても立ち寄りたかったという鹿児島の名物を楽しめるという屋台村に向かう。
ここではさつま地鶏や黒豚、奄美の鶏飯など実に様々な料理が気軽に楽しめるとあって、地元の人だけでなく観光客にも大人気のスポット。
いとうさんは気になる店へ…。旅の最後は焼酎片手に地元の方々とのトークと、出発ギリギリまで楽しい時間を過ごす。
忙しい日常から離れて、鹿児島~指宿~知覧と気ままな旅を展開する。

このページのトップに戻る