JR九州プレゼンツ

★列車に乗って

毎週日曜 午前10時放送

過去の放送内容

2016年3月6日の放送は・・・

九州縦断の旅(1)日田

「列車に乗って」とは、旅行用のパンフレットを使った実践旅番組。旅人本人が、あまたのパンフレットから行き先から目的までを選び、リアルな時間進行とともに番組も進行するガチンコ旅。また、合間には、旅人本人がブログを綴り、それも番組のホームページに、リアルタイムで更新されます。
今回の旅人は芸能界きっての“おしどり夫婦”中尾彬さんと池波志乃ご夫妻。JR九州の列車が3日間乗り放題になる65歳以上限定のきっぷ『アクティブ65』を使って九州の旅へ。
旅1日目、博多駅から『特急 ゆふいんの森』に乗り込みまず向かったのは日田。この時期『ひな祭り』で賑わう日田を散策することに。中でも日田のひな祭りの歴史を語る上で外せない『草野本家』へ。代々大切に保存している178体に及ぶ豪華絢爛なひな人形に感動する。
お腹も空いた2人はパンフレットを参考にランチに選んだのは鉄板焼き。大正6年建設の古い蔵を改装した情緒ある店内そして三隈川を望むロケーションの中、大分名物『豊後牛』のステーキを堪能する。
 お腹も満たされた中尾ご夫妻。街を散策していると気になる看板を発見『手作りてまり』と書かれたお店の中を覗いてみると、そこには色とりどりの手まりが…こちらでは代々『てまり作り』を受け継いでいて、ひな祭りの期間中はひな人形風に刺繍を施した『てまりひな』を展示している。母のぬくもりを感じる『てまり』感動する2人。志乃さんも『てまり作り』を体験することに。
 さて続いて、食通としても知られる中尾さんがどうしても訪れてみたかったという醤油蔵へ…こちらでは全国でも珍しい鮎の魚醤、そして肉醤といわれる、鶏肉を使った醤油を製造。日本のみならず海外の一流シェフも愛用しているそう。料理の腕前はプロ級という志乃さんも試食してみると…その風味豊かな味わいにレシピのアイディアが次々と溢れる。
3日間列車乗り放題のきっぷを使った夫婦水入らずの九州の旅が始まります。

今週の旅人

中尾彬&池波志乃

中尾彬(写真:右)
1942年、千葉県木更津生まれ。
日活ニューフェイスに合格後、フランス留学を経て、劇団「民藝」に入団。1964年の映画「月曜日のユカ」で本格デビューし脚光を浴びる。大河ドラマや「極道の妻たち」「ゴジラ」シリーズなど人気作品に出演。バラエティー番組や情報番組のコメンテーターとして幅広く活躍している。

池波志乃(写真:左)
東京都出身。父は落語家10代目金原亭馬生、祖父は古今亭志ん生という落語界の名門に生まれ、俳優小劇場養成所を経て新劇団に入る。以後、テレビ、舞台、映画に活躍。78年に中尾彬と結婚。家にもどれば完璧な世話女房タイプで料理のうではプロ級。

今週の施設(クリックで拡大・詳細を表示します。)
☆特急ゆふいんの森
☆特急ゆふいんの森
草野本家
草野本家
すてーき茶寮 和くら
すてーき茶寮 和くら
てまり工房
てまり工房
原次郎左衛門味噌醤油蔵
原次郎左衛門味噌醤油蔵
旅した路線

博多駅→日田駅

※掲載情報は2016年03月06日現在のものです。
現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


このページのトップに戻る