6月6日(水) 午後7時~
1週間、暮らしてみたらこんな街① 壱岐

1週間、暮らしてみたらこんなまち
~俳優・竹内寿が長崎県・壱岐へ~

九州各地に眠る“本当の街の姿を掘り起こす”シリーズ企画。
(九州の)とある街に、その土地に縁もゆかりもない俳優が1週間リアルに生活する。暮らすことで見えてくるその街の本当の魅力…。暮らすことで知り合える方たちもいるはずだ。

今回の旅人は、俳優の竹内寿(とし)さん(24歳)…。彼が選んだ
行き先は福岡からフェリーで2時間ほどの長崎県の離島・壱岐。
壱岐は海の幸も豊富なことで知られておりちょうど滞在の時期は「節句磯(せっくいそ)」とよばれるウニの解禁日だった。
ウニ漁をやっている民宿の方と出会い、何故かその日は泊めてもらい、早速「壱岐」ならではの熱烈な歓待を受けることになる。
翌日、偶然出会ったスナックのママに連れられて、ある場所へ…。聞くと、ここでシェアハウスを始めるという。ここを舞台にいろんな方との出会いが始まり、予想もつかない展開になっていく…。
人情の島では壱岐でたくさんの方に出会い、濃厚で感動的な一週間を過ごすことになる。

壱岐の人たちの「情」にも触れながら、街の持つ本当の魅力に触れていく1週間。壱岐に縁もゆかりもなかった彼に映った街とは一体どんな場所だったのか?

出演者

竹内 寿(俳優)

(お問合せ)
壱岐市立一支国博物館

常設展示室観覧料

一般400円 高校生300円 小中学生200円