RKB毎日放送

番組表

龍山 康朗のコラム

アナ★ザ★ワールド > 龍山 康朗 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

龍山 康朗

誕生日

10月19日 てんびん座

出身地

福岡県福岡市

血液型

A型

自己分析グラフ

趣味・特技

バードウォッチング、登山、天文、落語、俳句

好きな○○

好きな歌:
中島みゆき「宙船」

ちょっと一言

tenki@rkb.ne.jpにお便り、取材依頼(屋外イベント)お待ちしてま~す!!

バックナンバー

[+] 2019年01月
[+] 2018年04月
[+] 2018年03月
[+] 2018年01月
[+] 2017年08月
[+] 2017年06月
[+] 2017年04月
[+] 2017年02月
[+] 2017年01月
[+] 2016年02月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年11月
[+] 2015年09月
[+] 2015年08月
[+] 2015年06月
[+] 2015年03月
[+] 2015年01月
[+] 2014年11月
[+] 2014年08月
[+] 2014年07月
[+] 2014年06月
[+] 2014年05月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年02月
[+] 2014年01月
[+] 2013年12月
[+] 2013年11月
[+] 2013年10月
[+] 2013年05月
[+] 2013年04月
[+] 2013年02月
[+] 2013年01月
[+] 2012年11月
[+] 2012年10月
[+] 2012年04月
[+] 2012年02月
[+] 2012年01月
[+] 2011年12月
[+] 2011年11月
[+] 2011年10月
[+] 2011年08月
[+] 2011年07月
[+] 2011年06月
[+] 2011年03月
[+] 2011年02月

ソラ見たことかPart13・・・節分に鬼の形相を観る!(2013/2/4)

 節分の2月3日、二月博多座大歌舞伎に行ってきました。今回は、中村勘太郎改め六代目中村勘九郎襲名披露公演です。実は2年前の3月、初めて勘太郎さん(当時)の舞台を、同じ博多座で観ました。父の勘三郎さんが体調不良のため、代役での出演でした。勘三郎さんが観られず残念に思っていましたが、なんのなんの、すばらしかった!「夏祭浪花鏡」では若さを存分に活かしての躍動的な大立ち廻り。私は、完全に惹き込まれ大感激したのを覚えています。さて今回、またどんな感激を与えてくれるのか、どんな立ち回りがあるのかと期待し、喜び勇んで博多座に向かったわけです。襲名披露の口上もある夜の部を観劇しました。

 中村勘太郎改め六代目中村勘九郎襲名披露大歌舞伎。これが、私の思惑通りにはなりませんでした。2年ぶりの舞台は、2年前とは全く違うものだったのです。さらなる魅力が加わっていたのです。そして、あまりの恐ろしさに身動きできずにいる自分がいました。義経千本桜の中で見せた見栄は鬼の形相で、まさに鬼気迫るもの。ほとばしるエネルギーを感じます。息ができなくなるほどの恐怖を感じます。くしくも節分の日に、本物の鬼に出会ってしまったよう。前回が「動」が主流の芸ならば、今回は「静」が主流の芸といってもいいかもしれません。芸の幅がどんどん広がる、中村勘太郎改め六代目中村勘九郎から目が離せない二月博多座大歌舞伎です。

  ここで、これから二月博多座大歌舞伎をご覧になる皆さんにお勧めしたいことがあります。是非、双眼鏡を持って行っていただきたいと思うのです。私は、いつも観劇する際に双眼鏡を持参します。これが、特に今回は大変な威力を発揮しました。もちろん役者の表情が今回の大歌舞伎の見所だったからです。さらには、こんなこともありました。イヤホンガイドが「怒りに目が真っ赤に充血し・・・」というのを聞いて、双眼鏡で勘九郎の瞳をのぞいてみると、確かに白目が赤に染まっているのです。「え~!これも芸!」なんて思いながら見入ってしまいました。双眼鏡からも目が離せないひと時でした。皆さんも、「鬼の形相」、しっかりとご覧あれ!