RKB毎日放送

番組表

田畑 竜介のコラム

アナ★ザ★ワールド > 田畑 竜介 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

田畑 竜介

誕生日

3月11日 うお座

出身地

福岡県北九州市

血液型

B型

自己分析グラフ

趣味・特技

麺巡り

好きな○○

好きな福岡のスポット
⇒能古島、門司港レトロ地区、馬場山

ちょっと一言

『楽しく、わかりやすく』をモットーに
お伝えします。

バックナンバー

[+] 2019年04月
[+] 2019年02月
[+] 2019年01月
[+] 2018年12月
[+] 2018年03月
[+] 2018年02月
[+] 2018年01月
[+] 2017年10月
[+] 2017年04月
[+] 2017年03月
[+] 2017年02月
[+] 2017年01月
[+] 2016年09月
[+] 2016年07月
[+] 2016年04月
[+] 2016年03月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年09月
[+] 2015年07月
[+] 2015年04月
[+] 2015年02月
[+] 2015年01月
[+] 2014年11月
[+] 2014年07月
[+] 2014年05月
[+] 2014年01月
[+] 2013年09月
[+] 2013年05月
[+] 2013年04月
[+] 2013年03月
[+] 2013年01月
[+] 2012年12月
[+] 2012年08月
[+] 2012年01月
[+] 2011年10月
[+] 2011年06月
[+] 2011年05月
[+] 2011年03月

Perfumeは一日にしてならず(2011/6/17)

今や押しも押されもせぬトップアイドルのPerfume。 Liveをすれば日本武道館や東京ドームを満員にさせるほど、高い人気を誇っています。 しかし最近、Perfumeのファンになったという人の中には、彼女達がデビュー当初からトップアイドルと思っている人もいるかもしれません。 そこで先日、新曲「レーザービーム/微かなカオリ」のキャンペーンで来福したPerfume本人達に、Perfumeの歴史、そして彼女達の魅力を形成する要素を語ってもらいました。 そしてそのインタビューを元に、RKBラジオ・チャートバスターズrの中で、「1時間でわかるPerfume講座」と題して放送しました。 すると、リスナーの皆さんから大反響を頂きました。 なので、その時だけで終わらせるのはもったいないということで、このブログでもPerfumeの魅力に触れておこうかと思います。 まず最初におさえておきたいことを。 Perfumeと「チャートバスターズ」はメジャーデビュー当初からのお付き合い。 sg「コンピューターシティ」のキャンペーンで来福し、その時に中田ヤスタカPを「電池食ってるような人」と形容した発言がスタッフの耳に留まり(バカウケでしたw)、「この子達は面白いぞ!」ということでそれ以降、数々の公開収録を重ねて激押ししていくことになるわけです。 さて、Perfumeの一番の魅力はやっぱりLiveです。 広島弁丸出しで、その場の空気を察知してフリーランスに話を展開していくMC力。アイドルとはイメージを大切にして、型どおりのトークを展開するものだと思っていた僕には、衝撃でした。 彼女達はあまりにも正直すぎるのです。飾らない、本音丸出しのトークは、キュートなルックスとは対照的で、そのギャップにすっかり虜になりました。 ただ、当時はまだ福岡でライブをする機会がなかったので、チャーバスの公開収録は、ファンの皆さんがPerfumeのライブを体感できる貴重なイベントだったと自負しています。(手前味噌ですみません。) Perfumeの魅力、2つ目は音楽性。 プロデューサー・中田ヤスタカ氏は、Perfumeを飛躍させた一番の立役者と言っても過言ではないでしょう。 近未来テクノポップ路線というのは当時とても斬新で、他のアーティストとは一線を画していました。 ちなみにあーちゃんは中田氏が作るサウンドを初めて聞いた時、「お金をかけてもらえなくなった」と思ったそうです(笑) テクノポップという音楽そのものをまだ知らなかったわけですね。 その後、歌詞の世界が近未来から、等身大の女の子を連想させるもの(「チョコレイトディスコ」以降)へと変化。よりPerfumeを身近に感じられるようになり、じわじわとその名が浸透していきます。そして、彼女達の運命を大きく変える曲が誕生します。 そう、「ポリリズム」です。 間奏のポリループの部分はかなり攻めています。アイドルの曲としては格好良すぎるのでは?と周囲のネガティブな反応をよそに、中田氏はこのままでリリースさせ、見事大ヒットとなるわけです。 J-POPの歴史を更新する斬新な楽曲で見事、ブレイクを果たしたわけです。 Perfumeの魅力、3つ目はダンス。 中田ヤスタカ氏が作るビートに呼応するように、キレのいいダンスを披露するPerfume。その振り付けを担当しているのが、MIKIKOさん。 MIKIKOさんの振り付けは表だけでなく、裏のビートに合わせたものもあるので、かしゆかは「MIKIKOさんの振り付けによって音の聞こえ方が変わった」と話し、彼女達の音楽性を成長させる要因にもなっているんですね。 そして、広島から上京して右も左も分からない時に、広島時代からのお付き合いであるMIKIKOさんが側にいてくれたことはとても心強く、精神的な支柱になっていたようです。 様々な才能が化学反応を起こしたことに加えて、何度も心が折れそうになる瞬間を味わいながらも、それでも前を向き、自分の夢を信じて歩み続けた3人の強さが、今のPerfumeを形成しているんだと思います。 先日、久しぶりに会った時、昔と全く変わらない3人の人柄に触れて、とても嬉しくなりました。 3人から「ただいま!」といつまでも言ってもらえる様に、そして僕も「おかえり!」と言えるように、番組を頑張って続けねばと決意を新たにしました。 さて、先日放送したRKBラジオ「チャートバスターズr」の放送後記を、ポッドキャストでお楽しみいただけます。 Perfumeの公開収録を仕掛けてきた番組プロデューサーのT氏と僕が繰り広げる、おっさん2人の甘酸っぱい回想録です。 http://rkbr.jp/cbr/index.html こちらからどうぞ。