RKB毎日放送

番組表

龍山 康朗のコラム

アナ★ザ★ワールド > 龍山 康朗 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

龍山 康朗

誕生日

10月19日 てんびん座

出身地

福岡県福岡市

血液型

A型

自己分析グラフ

趣味・特技

バードウォッチング、登山、天文、落語、俳句

好きな○○

好きな歌:
中島みゆき「宙船」

ちょっと一言

tenki@rkb.ne.jpにお便り、取材依頼(屋外イベント)お待ちしてま~す!!

バックナンバー

[+] 2019年01月
[+] 2018年04月
[+] 2018年03月
[+] 2018年01月
[+] 2017年08月
[+] 2017年06月
[+] 2017年04月
[+] 2017年02月
[+] 2017年01月
[+] 2016年02月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年11月
[+] 2015年09月
[+] 2015年08月
[+] 2015年06月
[+] 2015年03月
[+] 2015年01月
[+] 2014年11月
[+] 2014年08月
[+] 2014年07月
[+] 2014年06月
[+] 2014年05月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年02月
[+] 2014年01月
[+] 2013年12月
[+] 2013年11月
[+] 2013年10月
[+] 2013年05月
[+] 2013年04月
[+] 2013年02月
[+] 2013年01月
[+] 2012年11月
[+] 2012年10月
[+] 2012年04月
[+] 2012年02月
[+] 2012年01月
[+] 2011年12月
[+] 2011年11月
[+] 2011年10月
[+] 2011年08月
[+] 2011年07月
[+] 2011年06月
[+] 2011年03月
[+] 2011年02月

忠臣蔵の男衆(2013/5/16)

「どこかでこの構図、見たことあるな~」と思いました。   「ああっそうだ!山笠!」

 今月、博多座で公演されている「女たちの忠臣蔵」を観てきました。日本人が大好きなあだ討ち物で、これまでいろいろな形で演じられてきた忠臣蔵を、女性の視点から描いたもの。四十七士を陰で支え、愛するものを失う悲しみにじっと耐える女性たちをみると、なんて男って勝手なんだろうと思ってしまいます。私も男ですが・・・。

 そして、その勝手さを現代でも地で行っているのが博多祇園山笠の男衆じゃないでしょうか。期間中は妻や子供をほったらかして、一つの目標に向かってひた走る。ね、四十七士と同じでしょ?ともに、「男の中の男」と周りも自分も思っていますが、実は陰で女性がちゃんと支えている。「今も昔も、男には女の助けが必要なんだな~」としみじみ思います。

 ただ、大きな違いがあります。山笠の場合は、祭が終わると、男は家に戻り、ごりょんさんに苦労をかけたと、秋祭りの放生会にあわせて着物を新調してあげたりするそうです。でも、忠臣蔵は・・。うん~、涙無くして観られません。

 もう一つ、江戸っ子の大工を演じる佐藤B作さん、最高でした!