RKB毎日放送

番組表

龍山 康朗のコラム

アナ★ザ★ワールド > 龍山 康朗 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

龍山 康朗

誕生日

10月19日 てんびん座

出身地

福岡県福岡市

血液型

A型

自己分析グラフ

趣味・特技

バードウォッチング、登山、天文、落語、俳句

好きな○○

好きな歌:
中島みゆき「宙船」

ちょっと一言

tenki@rkb.ne.jpにお便り、取材依頼(屋外イベント)お待ちしてま~す!!

バックナンバー

[+] 2019年01月
[+] 2018年04月
[+] 2018年03月
[+] 2018年01月
[+] 2017年08月
[+] 2017年06月
[+] 2017年04月
[+] 2017年02月
[+] 2017年01月
[+] 2016年02月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年11月
[+] 2015年09月
[+] 2015年08月
[+] 2015年06月
[+] 2015年03月
[+] 2015年01月
[+] 2014年11月
[+] 2014年08月
[+] 2014年07月
[+] 2014年06月
[+] 2014年05月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年02月
[+] 2014年01月
[+] 2013年12月
[+] 2013年11月
[+] 2013年10月
[+] 2013年05月
[+] 2013年04月
[+] 2013年02月
[+] 2013年01月
[+] 2012年11月
[+] 2012年10月
[+] 2012年04月
[+] 2012年02月
[+] 2012年01月
[+] 2011年12月
[+] 2011年11月
[+] 2011年10月
[+] 2011年08月
[+] 2011年07月
[+] 2011年06月
[+] 2011年03月
[+] 2011年02月

歌舞伎と落語(2011/6/9)

またまた歌舞伎に行ってきました。六月博多座大歌舞伎、今回は夜の部。初めて、尾上菊五郎さんを「魚屋宗五郎」で観られ、感激(観劇)です。こういう場所って、幕間にすぐビールが飲みたくなりますよね~。今回も!ただ、途中で眠気が差し、イカン、遺憾。次はビールは控えます!

さて今回、すっごく感じたのは、歌舞伎と落語のつながりです。私、学生時代に落語研究会に所属していて、今でも時々高座に上がっているんです。芸名は「六松亭四五六」。実は、落語の中に歌舞伎を題材にした噺がけっこうあるのですよ。ただ、学生時代は博多座もなかったし、お金もなかったので、歌舞伎は観たことないまま落語を演っていました。例えば「七段目」という落語。これは、「忠臣蔵」の七段目を題材にした落語ですが、いま一つ意味がわからず演じていた部分があります。

今回「仮名手本忠臣蔵」で「七段目」を歌舞伎で初めて観ることができました。同じ台詞がドンドン出てきます。もちろん、演じ方は大きく違い大変興味深かったです。歌舞伎での「七段目」を知ることで、次回にやるかもしれない落語の「七段目」は、さらに深いものにできる気がします。また、歌舞伎の「魚屋宗五郎」は、その前段部分が落語の「皿屋敷」なんです。これも、驚きでしたし、いつも以上にはまり込みました。落語好きな人は歌舞伎も、また歌舞伎好きな人は落語も、一緒に楽しめば、楽しさ3倍です!