RKB毎日放送

番組表

櫻井 浩二のコラム

アナ★ザ★ワールド > 櫻井 浩二 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

櫻井 浩二

誕生日

7月19日 かに座

出身地

静岡県浜松市

血液型

O型

自己分析グラフ

趣味・特技

ゴルフ、釣り

好きな○○

好きなアーティスト:
槇原敬之
私が聴く音楽はこれだけといっても過言ではありません。
季節・時間・天気、その日の気分によって聴きたい曲は変わりますが「LOVE LETTER」と 「ANSWER」はおススメですよ。

ちょっと一言

月~金は朝4時起きで『櫻井浩二インサイト』、週末はスポーツ実況。
ジャンルは違えど、目指すは「思わず身を乗り出してしまう面白い放送」です。
二天一流のマイクは、どこかでつながっている?!

バックナンバー

[+] 2020年01月
[+] 2019年11月
[+] 2019年10月
[+] 2019年09月
[+] 2019年07月
[+] 2019年04月
[+] 2019年01月
[+] 2018年12月
[+] 2018年11月
[+] 2018年10月
[+] 2018年06月
[+] 2018年03月
[+] 2018年02月
[+] 2018年01月
[+] 2017年11月
[+] 2017年10月
[+] 2017年09月
[+] 2017年06月
[+] 2017年01月
[+] 2016年08月
[+] 2016年06月
[+] 2016年03月
[+] 2016年02月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年10月
[+] 2015年08月
[+] 2015年06月
[+] 2015年04月
[+] 2015年02月
[+] 2015年01月
[+] 2014年11月
[+] 2014年08月
[+] 2014年05月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年01月
[+] 2013年10月
[+] 2013年06月
[+] 2013年05月
[+] 2013年03月
[+] 2013年01月
[+] 2012年12月
[+] 2012年11月
[+] 2012年09月
[+] 2012年08月
[+] 2012年06月
[+] 2012年02月
[+] 2012年01月
[+] 2011年10月
[+] 2011年07月
[+] 2011年05月
[+] 2011年04月
[+] 2011年03月

戦後70年にパールハーバーへ(2015/8/28)

今年の夏休みは、櫻井家初の海外旅行でした。

行ったのは、ど定番の『ハワイ』

今回は4泊6日の日程で、そんなに時間があるわけではないので、家族4人がそれぞれ行きたい場所を出してスケジュールを決めました。

 

 

私が絶対に行くと決めていた場所、それは「戦艦ミズーリ記念館」です。

毎週月~金曜日の朝7時から放送のラジオ「インサイト」を担当するようになってから、戦前・戦後のことを勉強する機会も増えました。

1945年9月2日、日本が降伏文書に調印した場所が、そのままの形で保存・展示されているのですから、これを見ない手はありません。

ワイキキから行くにはツアーかレンタカーが便利ということを聞いたので、コストがかからないレンタカーをチョイス。

しかし左ハンドルの車も右車線の通行も初体験だったので、ハイウェイでもかなりスロー運転で目的地に向かい、1時間ほどで到着しました。

 

 

 

現物は・・・

デカイDSC_0083

全長270mのミズーリは想像以上に迫力がありました。

船体の中央部分には3門の主砲があって、これまた近くで見るととてつもなく威圧感があります。

砲身の重量がなんと108トン!

これは宇宙船スペースシャトル本体とほぼ同じ重さだそうです。

 

 

 

驚いたのはこの主砲の性能で、37キロ先の目標に砲弾を落としても、誤差はなんと45m以内!

福岡では宗像市辺りからヤフオクドームの真ん中に向けて放った砲弾が、グラウンド内に確実に落ちるということになるんですよね。

狙いを定めるのは、1920年代に作られたアナログコンピューターで、射程、風速、船の速度、船の縦揺れ・横揺れ、空気の湿度、地球の自転を計算して狙いを定めるんだそうです。

100年ほど前でも、こんな軍艦を作るアメリカの工業力はスゴイと心底思ってしまいました。(日本が誇る戦艦大和の性能も遜色ないとも言われていますが・・・)

 

 

 

降伏文書の調印式が行われた甲板は写真で見た印象よりも狭く、そこには降伏文書のレプリカが展示されています。

その甲板を20mほど後方にすすむと、船体の右端が大きく凹んでいる個所があります。

これは神風特攻隊の突撃を受けた痕なんです。

特攻したゼロ戦は、約500キロの爆弾を積んでいたが不発、もしくは最初から爆弾を積んでいなかったために、戦艦ミズーリは大きな打撃を受けることなく、ゼロ戦のパイロットのみが殉職しました。

パイロットの遺体は上半身と下半身で真っ二つに切断され、上半身が船上で見つかりました。

 それを見たミズーリの艦長は「この日本のパイロットも、国家の為に戦った。敵兵であっても死んだら敵ではない。国家に命を捧げた勇士であり、海軍式に水葬にすべきである」という考えから、特攻したパイロットを水葬し霊を弔ったそうです。

 

 

 

戦争という国と国の威信をかけて戦いで、尊い命が犠牲になることの惨さは

万国共通。

「お国のため」「家族のため」と自分に言い聞かせながら、敵国とはいえ同じ人間を殺めることに、内心は複雑な思いであったことは容易に想像できます。

戦後70年、ハワイでまた多くのことを学び、感じた夏休みでした。