RKB毎日放送

番組表

櫻井 浩二のコラム

アナ★ザ★ワールド > 櫻井 浩二 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

櫻井 浩二

誕生日

7月19日 かに座

出身地

静岡県浜松市

血液型

O型

自己分析グラフ

趣味・特技

ゴルフ、釣り

好きな○○

好きなアーティスト:
槇原敬之
私が聴く音楽はこれだけといっても過言ではありません。
季節・時間・天気、その日の気分によって聴きたい曲は変わりますが「LOVE LETTER」と 「ANSWER」はおススメですよ。

ちょっと一言

月~金は朝4時起きで『櫻井浩二インサイト』、週末はスポーツ実況。
ジャンルは違えど、目指すは「思わず身を乗り出してしまう面白い放送」です。
二天一流のマイクは、どこかでつながっている?!

バックナンバー

[+] 2020年01月
[+] 2019年11月
[+] 2019年10月
[+] 2019年09月
[+] 2019年07月
[+] 2019年04月
[+] 2019年01月
[+] 2018年12月
[+] 2018年11月
[+] 2018年10月
[+] 2018年06月
[+] 2018年03月
[+] 2018年02月
[+] 2018年01月
[+] 2017年11月
[+] 2017年10月
[+] 2017年09月
[+] 2017年06月
[+] 2017年01月
[+] 2016年08月
[+] 2016年06月
[+] 2016年03月
[+] 2016年02月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年10月
[+] 2015年08月
[+] 2015年06月
[+] 2015年04月
[+] 2015年02月
[+] 2015年01月
[+] 2014年11月
[+] 2014年08月
[+] 2014年05月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年01月
[+] 2013年10月
[+] 2013年06月
[+] 2013年05月
[+] 2013年03月
[+] 2013年01月
[+] 2012年12月
[+] 2012年11月
[+] 2012年09月
[+] 2012年08月
[+] 2012年06月
[+] 2012年02月
[+] 2012年01月
[+] 2011年10月
[+] 2011年07月
[+] 2011年05月
[+] 2011年04月
[+] 2011年03月

被災地2度目の訪問(2016/6/27)

6月26日(日)、被災地・熊本へ行きました。

4月末の取材に続いて、2度目の訪問。

今回は茅野アナ・坂田アナと共に、ボランティア朗読会を開催するために、益城町と御船町の避難所にお邪魔しました。

 

 

まずは益城町総合体育館。現在も900人弱の被災者が避難生活をしています。

 

4月末の取材の時には、通路で寝泊まりしている人も多く、プライバシーなどほぼ無い状況でした。

今はほとんどの人がアリーナに移り、カーテン一枚の間仕切りながら、以前よりはプライバシーが保てる中で生活をしています。

 

そうはいっても、集団生活はいろんな意味でストレスになるはずです。

 

 

 

 

そんな中、高齢の方を中心に18人が耳を傾けてくれました。アナウンサーボランティア朗読会@益城・御船(20160626) 039

 

朗読したのは、熊本の民話「彦一とんちばなし」

 

貧乏神が福の神になる「びんぼうがみとふくのかみ」

 

おなじみアンデルセン童話「はだかの王様」の3作品です。

 

 

 

 「彦一とんちばなし」では、セリフの部分を肥後弁で話すとどうなるか?というのを皆さんに教えてもらいました。

アナウンサーボランティア朗読会@益城・御船(20160626) 088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教わったばかりの肥後弁、我々も真似て話してみましたが、当然のようにイントネーションがずれてしまい、会場は笑いに包まれました。

 

皆さんの笑顔、本当に嬉しかったなぁ。

 

 

 

 

 続いては、益城町の南に位置する御船町のスポーツセンター。

 

地震だけでなく、先日の大雨では駐車場が50センチほど冠水して、駐めていた車も被害を受けたそうです。

 

 アナウンサーボランティア朗読会@益城・御船(20160626) 111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

避難生活をしている190人のうち、25人が集まってくれました。

 

朗読の合間に、ここでも肥後弁を教わりましたが、私たちのイントネーションは間違いだらけ。

 

う~ん、肥後弁は難しい・・・

 

 

 

 

ここでは朗読終了後、被災者としての苦労話を聞かせてもらいました。

  アナウンサーボランティア朗読会@益城・御船(20160626) 149

 

 

 

 

 

 

 

 

 

60代女性の方は、自宅が保険会社の判定では「全壊」なのに、町の判定では「半壊」となり、今でも罹災証明書に印鑑を押していないと話していました。

 

全壊と半壊は家を取り壊すところまで同じように補助が出ますが、家を建て直した後の見舞金で大きな差が出るそうです。

 

それだったら、半壊の判定には納得できないですよね。

 

 

 

 

「面白いお話をありがとう。また聞かせて下さいね」という言葉を掛けられた時、充実感で心が満たされました。

 

「ボランティアとは何なのか?」その答えが少し見つかった、今回の朗読会でした。